トルコの旅(23)

~木漏れ陽の幸せ時間~ へようこそ。
今日のこの日を精一杯・・・。
一粒、一粒・・・ゆる~り、ゆるりと 幸せ 拾い集めてゆきたい。


トルコへ行く直前に、日本で放送されていた映画「トプカプ」を
観て以来、映画で登場したエメラルドの短剣を、実際に
見てみたいと思っていました。
そして、ついに行ってきました。 トプカプ宮殿へ・・・。
第一庭園入り口。
d0140533_11315660.jpg

中はほとんどの場所が撮影禁止だったので、お見せできないのが
残念ですが、それでも、宮殿の外周など、少しばかりの所は
撮影も可でした。 宮殿から望む海です。
d0140533_1133112.jpg

この日はあいにく、薄雲がかかっていましたが、見晴らしはとても良かったです。
d0140533_11333684.jpg

小石が敷き詰められていた、模様が凝った石畳。
d0140533_1149467.jpg

トプカプ宮殿の展示物の中で最も多くの人を集め、
注目されているのが宝物館です。
左下に写っているのが、有名な「エメラルドの短刀」です。
実物は撮影出来なかったので、本からで・・・。002.gif
d0140533_13583637.jpg

宮殿内を歩いていると、そこかしこに、ブルーのタイルが・・・。
どれも、見事でした。
d0140533_11343667.jpg

d0140533_11345684.jpg

正義の塔(スルタンの塔)
d0140533_11352454.jpg

d0140533_11355055.jpg

d0140533_11361332.jpg

オスマントルコ帝国のスルタンとその家族の住居であったハレム。
d0140533_11371947.jpg

「ハレム」という言葉は、イスラム教女性の住居という意味で、
母、お后、妻子、そして、世話をする女性たちが暮らしていました。
この中には、たくさんの部屋やサロンがあり、構造はとても複雑でした。
回っていても、迷路のようで・・・。
400近い部屋と中庭があり、宮殿の中には広い厨房や食堂、
図書館などもあり、まるで小さな都市のようでした。
ハレムの内部
d0140533_1138683.jpg

皇帝の長椅子
d0140533_1138316.jpg

皇帝の浴槽と洗面台
d0140533_1150764.jpg

d0140533_11502686.jpg

ステンドグラスの窓に光が差し込むと、幻想的な世界が・・・。
d0140533_1140651.jpg

d0140533_11403073.jpg

d0140533_11404885.jpg

宮殿内を回っていて、この場所にも、深い歴史があり、
人々の織り成す人間模様があったのかと思うと、
感慨深いものがありました。

トプカプ宮殿を見学し終わり、旅も終わるのかと思うと、何だか
ほっとしたような、寂しいような・・・。 
d0140533_11532454.jpg

そして、もうすぐ日本に帰るのかぁ
と思いながらこの街も見納め? 最後の街の様子です。
どうってことない古い建物ですが・・・。
d0140533_11105478.jpg

香辛料などが売れていたお店です。
d0140533_20373074.jpg

円すい状に、よくもこんなきれいに整えられたものです。
こちらは、ピスタチオを粉末にしたもの。
ケーキを焼く時に入れたら美味しいだろうなぁ・・・って食べること?
d0140533_11153487.jpg

チャイポットやカップなど、日用品のお店です。
日本で言うと、金物屋さんかな?今は日本でもないかなぁ・・・。
d0140533_20531837.jpg

ここでも、目の澄んだ可愛い女の子と出会いました。
カメラを向けると、クリッとした大きな瞳が、さらに大きく・・・。
d0140533_11165835.jpg

2人の少年も一枚ポーズをとってくれました。
d0140533_20385328.jpg

この街灯は、よ~く見ると傾いています。
こんなのもありなのですね~。
d0140533_2040671.jpg

お店の外観も、どことなく雰囲気があり・・。
d0140533_13172398.jpg

d0140533_20412533.jpg

ランチタイム前の、静かなオープンカフェテーブル。
お客様を待つ、僅かな時間がゆっくりと流れます。
d0140533_13191980.jpg

d0140533_21183474.jpg

d0140533_20435656.jpg

私には、横を向いた象に見えた雲。
d0140533_21145319.jpg

遠くの方に新市街が見えます。
d0140533_20515088.jpg

d0140533_20454076.jpg

ムール貝を売る屋台。
レモンがそばにあり、食べる時に絞って食べます。
d0140533_2047355.jpg

こちらは、来てすぐにお世話になった旅行会社。
気球に乗ること、ベリーダンスを観ることなど、
いろいろ我がままをきいてくれました。本当に感謝です。
d0140533_13212018.jpg

アヤソフィア博物館前の広場です。
慌しい人の流れとタクシーのスピードは、日本の都会と何ら変わりません。
d0140533_1323142.jpg

d0140533_13593019.jpg

イスタンブールへ来てから、幾度となく眺めていたブルーモスク。
この風景を見るのも、これが最後だと思うと名残り惜しかったです。
d0140533_1332154.jpg

長きに渡り、私のつたない「トルコの旅」を読んでいただき
ありがとうございました。
少しでも、皆さんがトルコの歴史や遺産、伝統文化に興味を持ち
これを機会に足を運んでいただけましたら幸いです。

この旅は、こちらからも詳しい情報が得られますので、
よろしければアクセスしてみてください。 → 

明日からは普通~に、私の何気ない日常を綴っていきます。
トルコのお土産も少しづつ、ご紹介していければと思います。
お時間ある時にでも、覗きにきていただけましたら嬉しいです。
今日も読んでいただいた皆さんに、心を込めて感謝、感謝・・・。016.gif
[PR]
by ray0606 | 2009-11-08 15:10 | トルコの旅


何気ない日常 慎ましやかな    暮らしの覚え書き・・・。


by Ray

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ファン

最新の記事

ブログジャンル

画像一覧