「ほっ」と。キャンペーン

授業参観&懇談会(5学年)

~木漏れ陽の幸せ時間~ へようこそ。
今日のこの日を精一杯・・・。
一粒、一粒・・・ゆる~り、ゆるりと 幸せ 拾い集めてゆきたい。

d0140533_10454184.jpg

2日続けての授業参観、昨日は長女の日でした。
授業といっても学年最後だったので、子供達が2つのグループに
分かれて自分達で考えた劇を披露してくれました。
d0140533_1046468.jpg

娘のグループは「かぐや姫」。
彼女の役は、そのまさに「かぐや姫」だというではありませんか。
すごい大役と思い、私も楽しみにしていました。

ところが、前日に話を聞いたところ・・・。

 長女「私、かぐや姫なんだけど、背中にダンボールで
     作ったタンスを背負うの。」


と言うのです。 
なんでタンスかなぁ・・・と不思議に思っていたのですが
昨日、行ってやっと解りました。
「かぐや姫」というのは「家具屋姫」だったのでした。

なるほどねぇ。そっちですか~。 (^^; 
そういうことだったのかと、ちょっと私もぷぷっとしてしまいました。

5年生ともなると、それぞれ子供達の個性が出てきます。
どの子も元気ではきはきと、大きな声でこちらが見ていても
楽しそうに演じているのが伝わってきました。

娘も低学年の頃は、引っ込み思案で、発言する時でも
いつも蚊の鳴くような小さな声でぼそっと言っていたのが
昨日は全くそんな様子がありませんでした。

参観の後は、懇談会があり、先生から一言。

 先生「まだ、自分は教師になって浅いので、未熟な点が
     多々あったと思い、生徒達には申し訳なかったと
     思っています。

     学校での生徒達の様子は、解るのですが
     この1年間、ご家庭ではどのような変化があったのか
     簡単に一言づつお願いします。」
 

そこで、お母さん方も一言づつ・・・すると、どのお母さんも
 
 お母さん方 「先生のクラスになり、毎日、学校へ行くのが
          楽しいと言っていました。」


         「家の子は、おとなしくて引っ込み思案だったのですが
          とても積極的になりました。」

         「先生のクラスで、本当に良かったと言っていました。」

         「親も知らなかった良い一面を引き出してくださいました。」

         「劇をする姿を見て、家の子もなかなかやるなと
          思いました。」

等など・・・・。
私も、どのお母さん方とも同じことを感じました。
そして、最後に先生から・・・。

先生「 今、一つここで、お母さん方に
     自慢したいことがあります。
     
     今日、生徒達、一人一人が書いた手紙を受け取りました。
     こんな自分に、みんなが何かしたいと思ってくれたことが
     とても嬉しくて・・・。
     手紙はまだ読んでいませんが、今日、家に帰ってから
     ゆっくり読み、今晩、枕を濡らしたいと思います。(笑)」
 

きっと、この先生の言葉を聞いて、どのお母さん方もほっこり
心が温かくなったのではないでしょうか。
 
この1年間、先生のクラスで親子共々、本当に
良かったと思っています。
男女仲良く、一致団結し、クラスもまとまり、運動会も
林間学校も社会科見学も、たくさんの良い思い出ができました。

これも先生のおかげと思い、とても感謝しています。
6年生になれば、またクラス替えがありますが
新しいクラスになっても、5年2組で培った友情と
人を思いやる気持ちは、忘れないで欲しいな。
親子で大切なことを学んだ1年でした。

今日も読んでくださった皆さんと、1年間お世話なった
A先生に感謝します。
[PR]
by ray0606 | 2010-03-04 10:30 | 家族


何気ない日常 慎ましやかな    暮らしの覚え書き・・・。


by Ray

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

ファン

最新の記事

ブログジャンル

画像一覧