本の虫

~木漏れ陽の幸せ時間~ へようこそ。
今日のこの日を精一杯・・・。
一粒、一粒・・・ゆる~り、ゆるりと 幸せ拾い集めてゆきたい。

d0140533_856444.jpg

テーブル一杯に並べられたこれらの本は、昨日、娘達と
図書館へ行って借りてきたもの。
最近、行っていなかったので、何日か前に・・・。

 私 「 たまには、図書館でも行ってみる?
     今度の土曜日なんてどう?」  
すると・・・。

 娘達 「行く、行く~!!」

行く前日までの間・・・と言いますか、出かける直前まで
異常なまでの はしゃぎようったらなかったです。
特に喜んでいたのが次女で、だんだん土曜日が近づくごとに・・・。

 次女 「 あぁ~、早く行きたいなぁ。図書館!
       もう、すっごく楽しみ~~!」


 長女 「ホント、久しぶりだもんねぇ。」

そして、当日は・・・。

 次女 「 本当に、今日行くよねぇ・・・。
       なんか、昨日の夜は眠れなかったんだぁ。
       だって、早く行きたいんだも~ん!
       何冊、借りられるの? 何日まで大丈夫?」   


と私もたかだか図書館くらいで、こんなに喜んでくれるとは
思っていなかったので、行った甲斐がありました。001.gif    
だいたい、いつも行くとかなりの時間、長居してしまうので
昨日は、きちんと時間を決めました。

 私 「借りる本は、家に持って帰って読めるんだから
    その場では読まないで、まずは借りたい本を選ぼうね。
    
    だから、2時間以内に決めよう! それでも時間があったら
    読めばいいじゃない?」


限られた時間をどう使うかも大切です。
すばやく、何でも選択できる力を身に付ける為にも
今回は、制限時間をもうけました。059.gif

かなり、ぎりぎりまで粘って、2人とも悩んでいましたが・・・。
最後は、私に意見を求めてきて・・・。

 次女 「ママなら、どっちを借りる?」

 私  「それは、自分の読みたい方を選んだら良いんじゃない?」

そんなわけで、こんなにたくさんの本が・・・。
これ、全部、買ったものだとしたら・・・さてお幾ら?023.gif

長女は、この頃、自分と同年代の少女が主人公の本をよく読んでいます。
そのうちの この2冊・・・。

 『14歳のノクターン』   『16歳。 死ぬ前にしてみたいこと』 でした。

親もドキッとするようなタイトルですが、娘もこんな本を好んで
読むようになったのかぁ・・・と心の成長を感じました。

この本を手にして、長女が私にこう聞いてきました。

 長女 「ママは、死ぬ前に何をしたい?」

 私  「そうねぇ・・美味しいものを食べる?
     いやいや、そうじゃなくて~ やっぱり家族みんなに
     囲まれて過ごしたいなぁ。」


 長女 「私も・・・。」

少しづつ 『死』ということへの意味や恐怖。
そして、死ぬと永遠に目覚めないということが理解してきているのでしょうか。
『死ぬ前に何をしたい。』 その答えを探すのに、彼女は真剣でした。
 
次女の方といえば、絵を描くことが好きなので、いわさきちひろ さんの
「ちひろの絵のひみつ」 という本を借りていました。
こちらは、読む本というよりは、絵の描き方を説明した技術本です。
なぜに、こんな難しい本を・・・。

 次女 「 ママはいわさきちひろさん、好きでしょ~!
       だから、今度、こんな絵を描いてあげようと思って~!。」 
だそうです。


何はともあれ、娘達が本が好きで「本」当に良かったです。003.gif
何が良いと言えば、いつも思うのが本は「心の栄養」だから・・・。
食物の栄養も体には必要ですが、心にも栄養が必要ですね。

今日も読んでくださった皆さんと、良い本との出合いに感謝、感謝・・・。016.gif

にほんブログ村 子育てブログ 小学校高学年の子(4、5、6年生)へ
にほんブログ村
[PR]
by ray0606 | 2010-06-27 07:31 | 大切なこと・もの


何気ない日常 慎ましやかな    暮らしの覚え書き・・・。


by Ray

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ファン

最新の記事

ブログジャンル

画像一覧