「トルコ・個人旅行」特別セミナー(第2回目)

~木漏れ陽の幸せ時間~ へようこそ。
今日のこの日を精一杯・・・。
一粒、一粒・・・ゆる~り、ゆるりと 幸せ拾い集めてゆきたい。

d0140533_14543399.jpg

昨日は、先週に引き続きトルコ政府観光局(トルコ共和国大使館)
トルコ航空
より行われた「トルコ・個人旅行」特別セミナーに参加してきました。
第2回目の昨日は、私が特に興味があったトルコ料理と伝統文化についてでした。
また、グルメ・ショッピング・エステ・ロマンチックなトルコ情報が満載でした。

そして、ゲストスピーカーには、料理専門家の荻野恭子先生より、
「トルコ料理の特徴」など様々なことをお話いただきました。
d0140533_15421055.jpg

先生は、本も書かれていて、そこには日本人でも簡単に作れるように
レシピや作り方が美しい写真と共に掲載されています。
(左側は、トルコ料理のガイドブックです。)
d0140533_15423237.jpg

つい先日、トルコからお帰りになったばかりで、写真でも
そのほやほやのトルコ料理情報を垣間見ることが出来ました。
私も昨年の9月に行ったばかりなので、どの写真も懐かしく
拝見させていただきました。

今回はお弟子さん達と一緒に10日間の旅行だったそうですが
トルコの家庭に入り、トルコのアンネ(お母さん)にお料理を教わったそうです。
先生が感心されていたのは、とにかくトルコのお母さんは
お料理に惜しげもなく、手間暇をかけるのだそうで、それはもう
一言で言えば「主婦の鏡」だとか・・・。

トルコは小麦の原産国なせいもあり、パンや餃子や春巻きのような
小麦粉を使ったお料理がたくさんあります。

ラマダンの時期には、明けた時にだけ作るという「ピデ」というパンと
スープを飲みます。
その時にだけしか食べられない貴重なパンなのです。

野菜料理も数多くあり、季節のもの、旬のものをその時に食べるという
まさに、体には一番良い食べ方をしているわけです。

そして、またまた、驚いたことに、ヨーグルトを一番消費するのが
トルコで、「ヨーグルト」という言葉もトルコからきた言葉なのです。
今や、世界語にもなっています。
ずっと、ブルガリアかと思っていたのですが、勘違いされている方も
多いと思います。

トルコ人は、ヨーグルトを市場でバケツで、大量に買うそうです。
ちょっと、想像してみましたが、日本ではありえないですね。emoticon-0104-surprised.gif
水分の濃度が違うものなど、種類も豊富で、日本のように砂糖を入れた
甘いものはなく、何も入れないか塩を入れて食します。
日本で言えば、味噌や醤油と同じ感覚です。

ナッツや豆類もおやつとして、よく食べるそうですが、採れたては生で
そのまま食べるそうです。アーモンドも殻付きをよく見かけました。
ドライフルーツも豊富で、どちらも好きな私には羨ましい限りです!

そして、忘れてはならない飲み物と言えば「トルココーヒー」です。
粉状にされたコーヒー豆を、トルコではジェズヴェ(Cezve)と呼ぶ
コーヒー用の鍋を使います。
そこへ、コーヒーを同じ割合で入れて、水を注ぎ煮立てて沸騰してきたら
火を弱め、浮かんできた泡をカップに等分に分けて入れます。
吹きこぼれる寸前に火を止めて、ジェズベにあるコーヒーをカップに注ぎ
粉が沈むのを待って上澄みを飲むようにします。

慣れないと最後の一滴まで飲もうとして、カップをグイっと持ち上げると
苦い粉も飲んでしまうハメに・・・。 最初、私もそうでした。emoticon-0125-mmm.gif
上澄みだけ飲むのって、結構、難しかったりします。

そして、カフェと言えば、16世紀には現在のイスタンブールに
「カフェ・カーネス」という最古の喫茶店が登場しました。

「カフェ・カーネス」とは、『コーヒーの家』という意味です。
ヨーロッパのコーヒーハウスの原型はトルコで生まれたのですね。
そのことを知った上でカフェに入ると、トルココーヒーを飲むのも
一味、違ったものになります。

また、トルコの楽しみ方として、ハマムと呼ばれる体を洗ったり、マッサージを
してもらうサロンのようなところで、リラックスすることも出来ます。

そして、トルコ音楽や舞踊などを鑑賞するのも良いでしょう。
「Sultans of the Dance 」 というグループは円形劇場で黒海地方の
ダンスショーを披露しています。
円形劇場で踊っているのは、このグループだけだそうで、機会があれば
私もいつか、観てみたいです。

昨日も、興味深いお話をたくさん聞けたセミナーでした。
そして、最後はフリートーク。
前回と同様、こんなトルコの食べ物が振舞われました。
d0140533_1644760.jpg

薄く焼いた生地の上に、香辛料の効いた挽肉と野菜がのったピザと
トルコ菓子で有名な、バクラワとロクムです。
バクラワは、甘党の私もめまいがする程甘かったです。
ロクムは、バラの香りがとてもよろしく美味しかったです。
先日も、Abies Mikuriya Cake の 実生コンサート
バラ尽くしのおもてなしを受けたばかりでしたが
やっぱり、私はバラもの好きです。emoticon-0100-smile.gif
でも、この香りが石鹸を食べているみたいと、結構 苦手な方は多いですね。

そんなことで、2回のセミナーは、とても勉強になり、有意義なものでした。
昨年のトルコの旅を思い出し、また行ってみたくなりました。
トルコは、世界遺産や自然も多く、歴史や文化、芸術、音楽、舞踊、料理など
様々な顔を持ち、イベントやフェスティバルも行われ、1年中
四季を通して楽しめる国です。

だからこそ、どのトルコも見てみたい、体験してみたいと思いたくなる国なのでしょう。
皆さんも「百聞は一聞にしかず」です。
どうぞ、ご自身で体験されてみてください。

今日も読んでくださった皆さんと、セミナーに参加できたことに
感謝、感謝
・・・。

皆さんの応援がいつも励みになっています。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by ray0606 | 2010-07-15 14:42 | トルコの旅


何気ない日常 慎ましやかな    暮らしの覚え書き・・・。


by Ray

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

ファン

最新の記事

ブログジャンル

画像一覧