「ほっ」と。キャンペーン

夜明けのカヌー

~木漏れ陽の幸せ時間~ へようこそ。
今日のこの日を精一杯・・・。
一粒、一粒・・・ゆる~り、ゆるりと 幸せ拾い集めてゆきたい。


翌日のカヌーツーリングへ出かける為の朝食用のおにぎりを、
前日のうちに作り、いよいよ夜明けのカヌー体験へ・・・。

朝は4時50分頃、集合の為、起床はさらに早く 娘達も眠い目を
こすりこすり、ようやく起きてきました。
この日の朝は、一日の初めに鳥の初音を聴くのが目的です。
それまで、口をきいてはならないお約束事がありました。

皆、ついつい喋りそうになるのですが、そこは我慢、我慢。
起きたら、身支度をして、河までは沈黙のまま向かいました。
外は、まだ薄暗いです。
足元を懐中電灯で照らしながら、気をつけて歩きます。
前日に、台風の影響で大雨が降ったため、土は濡れて少々
ぬかるんでいる所もありました。
そこは、気を付けながら娘達も恐る恐る、パパの後に着いて行きました。

カヌーは前日にそのまま河へ置いていったので、中は水が入っていて
まずはその水出しから・・・。
あの大きなカヌーを引っくり返すのは、なんと、しんどいことか・・・。
まして、早朝だったので、まだ力が出ないし~! emoticon-0124-worried.gif

そして、みんな、やっと自分のカヌーに乗り込み、さぁ、準備万端整いました。
まだ、太陽の出る前の薄暗い四万十河で、鳥の初音を聴くために
耳を澄ますこと数十分。
目をつむっていると、虫の声や 河の流れの音、風の音、葉の揺れる音などが
耳に入ってきて、なんと研ぎ澄まされた時間だったことでしょう。

そうこうしているうちに、あれ?今のは・・・。
時間にして午前5時17分、白鷺の鳴き声がこの日の初音でした。
夜明けのカヌーツアー 都会では、なかなか味わえない体験でした。

そんなわけで、初音を聴いた後は、再びカヌーツーリングの始まりです。
体が昨日の感覚を覚えていたので、オールを漕ぐ手も、みんな慣れたものでした。
まだ、空には月が薄っすら見える程の時間帯に、河でカヌーを漕ぎ出すなんて
今、思うと貴重な体験でした。

朝がとても早かったので、この日の終了は、午前9時頃。
その後、近くの畑へお昼に食べる野菜の収穫へ行きました。
自分達の食べる物を食べる分だけの収穫体験。
そして、ユースのデッキで、みんなで野菜を切って、鉄板で焼いて、
暑かったのでそうめんを用意してくれました。

みんなで、協力して何かをすることって、私は子供達にとって
とても大切なことだと思います。 そして、食べたものは自分達で後片付けもします。

お腹も一杯になったところで、さて今度は何をしよう。
朝が猛烈に早かった分、一日が長いです。
こんなに色々なことしたのに、まだこんな時間?という具合に・・・。emoticon-0158-time.gif

みんな、食堂に集って、子供達も交えて座談会?
そして、いつの間にか、腕相撲大会?が始まりました~!emoticon-0165-muscle.gif
まずは子供同士で・・・。
d0140533_11542316.jpg

次は大人と挑戦だ~! emoticon-0141-whew.gif
d0140533_11534717.jpg

私はお父さんと・・・。 負けないぞ~! 少し、ハンデをつけてね。emoticon-0136-giggle.gif
d0140533_11552473.jpg

その後、ゆっくりお昼寝なんかもして、夕食の6時まで、みんな思い思いに過ごしました。
そして、待ちに待ったお夕食は・・・。
中央四角い小皿から時計回りに「ツナサラダ」と
畑で採れた「茄子と青菜の酢醤油炒め」 「きゅうり入りの麻婆豆腐」。
d0140533_13482428.jpg

「鶏肉の味噌漬け焼き」 「鮎の塩焼き」に「雑穀ご飯」 でした。
d0140533_13512726.jpg

この日も、体には贅沢なメニューばかり。 さっちゃん、ご馳走様でした。

今日も読んでくださった皆さんと、ユースホステルの皆さんに感謝します。

いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 子育てブログ 小学校高学年の子(4、5、6年生)へ
にほんブログ村
[PR]
by ray0606 | 2010-09-14 11:55 | 四万十川の旅


何気ない日常 慎ましやかな    暮らしの覚え書き・・・。


by Ray

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

ファン

最新の記事

ブログジャンル

画像一覧