毎年恒例の「仏蘭西舎 瑞玉・すいぎょく」

~木漏れ陽の幸せ時間~ へようこそ。
今日のこの日を精一杯・・・。
一粒、一粒・・・ゆる~り、ゆるりと 幸せ拾い集めてゆきたい。


先週の土曜日、10月16日に夫はある隊員(お客様)の結婚式にご招待されました。
そして、その日は私達の結婚記念日と同じ日でした。
そこで、私達も毎年恒例の披露宴をしたフレンチレストラン「仏蘭西舎 瑞玉」
子供達も一緒に食事に行きました。
d0140533_9373035.jpg

ディナータイムは、エントランスもムードがあります。
d0140533_9375159.jpg

今、思えばこちらのお店とオーナーとは、こんなに長いお付き合いになるとは
その時、全く思ってもいませんでした。
もし、結婚式場で挙げていたらきっと毎年食事・・・なんていうことにはならなかったと思います。
レストランで挙げたからこそ、しかも今のオーナーのお人柄があってのことではないでしょうか。

なぜかお会いすると、いつもほっと癒される、そんな物腰の静かな
包容力のある方なのです。
あの笑顔にいつも安心し、ゆったりとした気持ちにさせてもらっています。
この出会いが私達夫婦の人生を豊かに、そして毎年彩りを添えてくれているような気がします。
人と人との繋がりって大切ですね。

そして、今年もそのご様子はお変わりなく、また美味しいお料理も
堪能させて頂きました。 そのお料理の数々とは・・・。
他愛ないことですが、ナプキンが子供用と大人用で折り方が違うのには感激しました~!
子供用がこちら・・・。 リボンのようです。
d0140533_1003427.jpg

大人用は王冠のよう。こんな些細なことなのですが、お心遣いとアイディアに感心してしまいます。
d0140533_1012068.jpg

まずは、シャンパンで乾杯! ☆これからもよろしく☆
d0140533_8472195.jpg


こちらは、オードブルで「ずわい蟹と帆立のスフレ」です。
ホワイトアスパラガスとヤングコーンが添えられ、香草のディルもとてもよく合います。
d0140533_8463257.jpg


スープはこの季節は、こちらの「アメリカニンジン芋のスープ」です。
d0140533_8531986.jpg

ニンジンと言ってもお芋の仲間だそうです。
さつま芋にも似た・・・でも色は皮が少し薄めのじゃが芋のようなそんなお芋です。
確か、乾燥させて食べる「干し芋」用のものにも似ているかもしれません。
現物はこちら・・・。
d0140533_9572157.jpg

そして、私達のメイン料理がくる前に子供達用のスペシャルお子様ランチが・・・。
d0140533_8565077.jpg

いつも、このプレートを楽しみにしている娘達。
d0140533_8584296.jpg

口に運ぶペースも、早いこと早いこと・・・。
ママ達のお料理はまだくるから、ゆっくり味わって食べてね。037.gif
d0140533_8592683.jpg

その後、夫のお肉料理が運ばれてきて・・・。 こちらは「牛肉の頬肉のステーキ」です。
何とも、柔らか~くお箸でも食べられそうな、口の中に入れると、とろける感じはさすがです。
d0140533_925029.jpg

私はお魚を選びました。
大好きな白身のお魚で「鯛のポワレ・マスタードソース掛け」です。
とても肉厚の身に、少し酸味のあるマスタードソースとふんだんに
のせられた秋のきのこ達と温野菜も優しいお味でした。
d0140533_942096.jpg

そして、私も娘達も楽しみにしていたデザートは・・・。
2人には、フルーツパフェのように盛られた、食べるのもわくわくするようなこちらです。
一番最初に目についたのが、上に乗せられたチーズケーキのようで2人とも大喜び!
もう出てきた瞬間の娘達の奇声と表情はご想像どおりです。006.gif
d0140533_961861.jpg

そして、次なるは・・・。

 娘達 「 ねぇ、ママ達のは~!」

まだ、運ばれていない私達のものにも興味津々のようで・・・。
そこに、毎年素敵にデコレーションしてくださるこちらのデザート。
d0140533_9112048.jpg

チョコレートでは ” Bon Anniversaire  ” の文字がありました。
並んでいるのは、まずはケーキが上から斜めに、チョコレートムースのケーキと
スフレ、ショコラ、チーズケーキです。
左上の丸いガラスの器は、梨のコンポートとバニラアイスクリーム。
右下は、オレンジシャーベットとバニラアイスクリームです。
それはそれは毎年、豪華にこんなに良くしてくださって嬉しいかぎりです。

そして、コーヒーカップは、手創りの一点ものの こんな素敵なカップで・・・。
d0140533_10155035.jpg

お店で使われているお皿やカップは、一部を除いて全て陶芸作家さんの
オリジナルで手創りされたものです。
オーナーのお母様が陶芸作家さでもあり、お店から歩いても数十メートルの所には
ギャラリーもありますのでご興味のある方はそちらも合わせてご覧になれます。

お腹も一杯になり、食後に閉店まじかの舎内を見渡す2人。
ロゴマークが光輝いて見えてムードも満点。なんて素敵な空間なのでしょうか。
いつまでも居たい・・・そんな気持ちにさえなります。
d0140533_927455.jpg

毎年、ランチで来るのですが、今年は予約が取れずディナーにしました。
「でも、こんな『瑞玉』もいつもと違う雰囲気を楽しめて良いのかな・・・。」と夫が一言。

何はともあれ、今年も家族が健康でこうしてお店へ来ることができ
また、優しいオーナーにもお会いすることが出来て何よりでした。
来年もお互いに、いつもと変わりなくお会い出来ることを願っています。

送迎されながら、オーナーは娘達に一言・・・。

 「いつか、彼氏と一緒においでね。」

そうですねぇ。本当にいつか娘達もここ「瑞玉」で結婚式&披露宴をしてくれたら
親子2代で良いかもしれません。
いえいえ、親子3世代?4世代?なんてことになればなおのこと嬉しいかなぁ。016.gif

今日もご訪問くださった皆さんと、今年も幸せな気持ちにさせてくださった
オーナーと 「仏蘭西舎 瑞玉」のスタッフの皆さんに感謝いたします。

いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 子育てブログ 小学校高学年の子(4、5、6年生)へ
にほんブログ村      
[PR]
by ray0606 | 2010-10-18 09:21 | 小さな幸せ


何気ない日常 慎ましやかな    暮らしの覚え書き・・・。


by Ray

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ファン

最新の記事

ブログジャンル

画像一覧