毎日あるよ

今日も ~木漏れ陽の幸せ時間~ へようこそ。
どうぞ、ごゆっくりとお寛ぎください。


昨日、ご紹介した上映会1冊の本を買いました。
かっこちゃんこと、山元先生のサイン入りで・・・。
d0140533_15413030.jpg

この本を書いた雪絵ちゃんと山元先生が初めて出会ったのは
慢性の病気の子供達が通う病院のそばの養護学校に
先生が勤務している時のことでした。

雪絵ちゃんは病気で熱が出ると、その後、目が見えにくくなったり
手、足が動きにくくなったりする、MS(多発生硬化症)という
病気でした。

この本には、そんな雪絵ちゃんが、自分の体や病気のこと、
日々どう思っているのかが素直な気持ちで書かれています。
どの言葉もすごく重みがあって、私は一字一句、心に
すり込む様に読んでいました。




今朝は、朝の忙しい中、そのうちの一つの文章を2人の娘達に、
読んで聞かせました。それは、こんなものでした。

 ねぇ、そういえば毎日必ず嬉しい事ってあるよね。
 今日は友達と話して楽しかったし、昨日は姪っ子が泣かずに
 保育園へ行ったし、その前は季節外れのうぐいすの声を
 聞いたし、その前は・・・ちっぽけだけど毎日嬉しい事があるの。

 ちっぽけだけど私にとってはすごーく大きな幸せなの。
 毎日必ずあるの。
 毎日楽しい事見つけてますか? 感じてますか?
 小さな幸せ・喜びを大きくしてますか? 
 消してませんか? 探すことをあきらめていませんか?

 悲しいだけの一日なんてないんだよ。
 私、明日もちっぽけな幸せを大きくして過ごします。

 『幸せ気分』 より 笹田雪絵

 一部省略

これを読んでいる時、娘達の表情が変り、一瞬動作が
止まったことを私は見逃しませんでした。
彼女達も何かに気付いたようでした。

本当は、2人にも読んでもらいたいのですが、この本には
ふりがながありません。
でも、こうして私が読んであげれば良いのだと、ふと思いました。
これから、少しづつ、落ち着いた時間をみつけては
読んで聞かせてあげたいと思います。

本を読み終えて、雪絵ちゃんって子は『なんて強い子なんだ』
と思いました。果たして、私が雪絵ちゃんだったら、こんな風に
病気と前向きにつきあえるかな?って・・・。
すごいと思います。何故、こんな風に思えるのかな?

だけど、この雪絵ちゃんのメッセージから、私は色々な
大切なことを受け取りました。
だから、雪絵ちゃんに今、「ありがとう。」と言いたいです。
そして、この本の最後には、こんなことが書かれていました。

雪絵ちゃんは、2003年12月26日に天に召されました。
多くの人たちに見送られ天に帰っていったのは
ちょうど大好きな雪のふるお誕生日の日でした。

今日もご訪問いただいた皆さんと、雪絵ちゃんに
感謝、感謝・・・。
[PR]
by ray0606 | 2008-02-26 15:46 |


何気ない日常 慎ましやかな    暮らしの覚え書き・・・。


by Ray

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ファン

最新の記事

ブログジャンル

画像一覧