熊本自然体験(2)

今日も ~木漏れ陽の幸せ時間~ へようこそ。
どうぞ、ごゆっくりとお寛ぎください。


今日は、昨日の熊本での続きです。
この日は、今回、誘ってくださったKさんに学校の周辺を
案内してもらいました。

宿泊場所と同じ敷地内には、こんなものも・・・。
インディアンの住まいとしてはお馴染みの『ティピ』です。
d0140533_20334664.jpg

しっかりとした帆布で張られ、中は何本もの木を中央に
寄せて支えてあります。
12月は、ここで焚き火をしてクリスマスパーティーを
した名残りがありました。

そして、こちらは手作りの釜です。
d0140533_21574820.jpg

お昼はこの釜で、手作りピザを焼きました。
その様子はまた後ほど・・・。

釜の左向こうには、栗の木がありました。
秋にはきっと、たくさんの美味しい栗が生るのでしょう。
わずかに、実が残っている樹も・・・。
d0140533_21583829.jpg


そして、その後、どんどん竹薮の中を進んで行きました。



案内役のKさん、ずんずん民家のお庭に入って行きます。
そこで、出会った顔馴染みのおじいちゃん。
今はお孫さんのために、鯉のぼりを飾る立ち木を造っていらっしゃいました。
こちらに横たわっているのが、その木です。
d0140533_2203656.jpg

お孫さんのために、一生懸命に樹を切り倒したお祖父ちゃん。
ご自身が子供の頃に造ってもらったものも、今でも残って
いるそうで見せていただきました。
息子さんの時は同じものを使ったそうです。

3世代で受け継がれている家族だけのそんな出来事にも
田舎ならではの、微笑ましい光景を垣間見たような気がしました。
5月5日の子供の日が楽しみですね。
お孫さんもこれからきっと、健やかにお育ちになることでしょう。

また、少し行くと今度は菜の花畑に出ました。
風に揺れる菜の花は、いつも春の訪れを感じさせてくれます。
d0140533_2213679.jpg

そして、こちらはふきのとう。
新鮮そのもの、青々として美味しそうです。
d0140533_222126.jpg

そして、私の好きな金柑の木も見つけました。
鈴なりに実をつけていた金柑、これで、またジャムでも作りたいな・・・と
思っていたら、Kさんいわく「採っても大丈夫だと思いますよ。」
と嬉しい言葉に帰りにほんの少しだけ頂いてきました。(^^v

今日もご訪問いただいた皆さんと、案内役のKさんに感謝、感謝・・・。
[PR]
by ray0606 | 2008-03-25 20:39 | その他の旅


何気ない日常 慎ましやかな    暮らしの覚え書き・・・。


by Ray

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ファン

最新の記事

ブログジャンル

画像一覧