リキュール&シロップ

今日も ~木漏れ陽の幸せ時間~ へようこそ。
どうぞ、ごゆっくりとお寛ぎください。

d0140533_13574975.jpg

こんなにリキュールがいっぱい!
別に、カクテルにはまっている訳でも、バーを開こうという訳でも
ありません。





家の近くのケーキ屋さんが、ケーキを作る際に、使いきった空き瓶たちです。
その僅かに残ったリキュールの『香りをお楽しみください。』
ということで、ご自由にお持ち帰りコーナーに置いてありました。
確かに、蓋を開けておくと、ほのかに甘い香りが・・・。
もしかしたら、あの時食べたあのケーキは、このリキュールが
使われていたのかもしれない・・・と思わせるようなものもありました。

一番手前に、デンと構えている赤リボンの付いた瓶が「グランマニエ」です。
コニャックとオレンジの風味のバランスがとても良い
オレンジ・キュラソーの代表格です。

その左の、民族衣装を着た女の子のラベルの瓶はチェリーキルッシュです。
キルッシュとは、ドイツ語でさくらんぼの意味です。
なんと、この1リットルの1本分には、最大12kgの完熟チェリーが
使われているそうです。

その隣の一際目立つ?黒い瓶の「PASSOA」パッソアは
パッションフルーツのリキュールです。 
ビタミンCが豊富でトロピカルな風味。

その右隣は、オレンジ風味のブルーキュラソーシロップです。
炭酸やウォッカで割ったり、ジュースと一緒に飲んでも良いそうです。

そして、一番右端の三角瓶は、「PARAISO」パライソ。
「パライソ」とは、スペイン語で「楽園」という意味です。
フルーティーでさっぱりとした美味しさが魅力の本格
ライチリキュールです。

こちらは「BAILEYS」ベイリーズのアイリッシュ・クリームです。
大小、親子のアイリッシュ・クリーム。
d0140533_13583062.jpg

コーヒーに混ぜて飲むと、香り良く、味もとてもクリーミーになり
私も好きなリキュールです。

ちまたのケーキ屋さんでは、これ以外にも、もっと多くのリキュールや
シロップを使って、どのお店もオリジナルのケーキを作っているのでしょう。

私の作るケーキは、せいぜい、ブランデーとラムしか
使ったことがありませんが、いつか、こんなリキュールも使って
焼いてみたいなぁ・・・なんて。
もっと、大人の味で深みのあるケーキが、焼けるのではないかな。

今日も、読みに来てくださった皆さんと、「リキュール」という
隠し味を活かせるケーキ屋さんに感謝、感謝・・・。
[PR]
by ray0606 | 2008-07-15 11:59 | ひとり言


何気ない日常 慎ましやかな    暮らしの覚え書き・・・。


by Ray

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

ファン

最新の記事

ブログジャンル

画像一覧