「ほっ」と。キャンペーン

綿の標本作り

今日も ~木漏れ陽の幸せ時間~ へようこそ。
どうぞ、ごゆっくりとお寛ぎください。

d0140533_14104984.jpg

夏休みに娘達と「綿の標本作り」を体験してきました。
以前から、綿の栽培や糸紡ぎには興味があったところ
たまたま、見つけたこのワークショップ。
子供と参加OKだったので行ってきました。




d0140533_148278.jpg

こちらは、今、習っている手織りの先生に頂いた綿です。
まだ、種が付いています。

標本作りをする建物に入ると、すぐに綿くりや糸紡ぎに使う道具たちが
並んでいました。
d0140533_1412949.jpg


糸を紡ぐ前に、まずは綿から種を取り除きます。
綿くり機を上から見たところです。
d0140533_14143469.jpg

レバーを回すと、手前側に種が・・・。
d0140533_14152490.jpg

向こう側に綿が出てきます。
d0140533_1416527.jpg

綿と種を選り分けて、いよいよ糸紡ぎです。
この「スピンドル」という道具を使って紡いでいきます。
d0140533_14182681.jpg

こちらの道具を使うと、もっと簡単に紡ぐことが出来ますが
慣れないと、少々扱いにくいそうです。
d0140533_1439775.jpg

先生は、スピンドルの方が糸の太さ、細さ加減がわかるので、
そちらの方が紡ぐのには良いとおっしゃっていました。

こちらが、日本の綿以外に、世界中から持ち帰られた綿です。
ペルーやカリフォルニアからのオーガニックコットンなど。
そして、アルパカやロムニーなど動物の毛もありました。
アルパカの毛には、草が僅かに付いていて、何だか、
ペルーの空気感と風を感じました~。(^^
d0140533_14292476.jpg

全て天然、自然のままの色です。染めているものは、薄いブルーの
ものだけだとか・・・。

そうして、出来上がった標本がこちらです。
d0140533_14301030.jpg


最後に冷菓を頂きました。 この四角いお菓子は、最初、羊羹か寒天?
かと思ったのですが、食べてみると梨でした。
四角く切る発想はありませんでしたので、ビックリでした。
左はどくだみ茶です。 さすが、薬草の味が・・・。
d0140533_14382417.jpg

今回、初体験の糸紡ぎでしたが、こうして、綿ができ、糸を紡いで
その糸で製品が出来上がること。
娘達にも、何かを感じてもらえたらいいな。

今日も読んでくださった皆さんと、自然の恵みと伝統技術に
感謝、感謝・・・。
[PR]
by ray0606 | 2008-09-21 14:15 | 恵み


何気ない日常 慎ましやかな    暮らしの覚え書き・・・。


by Ray

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

ファン

最新の記事

ブログジャンル

画像一覧