子供達への気遣い

今日も ~木漏れ陽の幸せ時間~ へようこそ。
どうぞ、ごゆっくりとお寛ぎください。


毎週末、次女が持ち帰ってくる、時間割りの下方には、その週の出来事や
次週の持ち物、先生からの連絡事項などが書かれています。
今回は、図工の時に持っていく物のことが書いてありました。
そこには、こんなことが・・・。

 ” 図工はいろいろな材料を使います。家にあるもので
   構いませんので持たせてください。
   何もないと子供が悲しい思いをします。 ”


私は、最後のこの部分・・・ ”子供が悲しい思いをします。” 
という言葉に、何だか、とても心が痛みました。
そういう子もいるんだ・・・。

私も時々、忙しいと、教科書も見ずに、適当に材料を持たせて
しまうのですが、たまに、見かけないものを見つけて聞いてみると
「お友達にもらったの。」と・・・。

先生からも ”教科書を参考に材料を持たせてください。”
なんて書いてあるけれど、なかなか、忙しいと
それもせずにいたりして・・・。 
いけないなぁと、今、反省しています。

ちゃんと、リボンやビーズや、モール、折り紙など、色鮮やかで
豊富な材料が揃えば、子供の想像力をかきたて、独創的な
作品も出来ましょう。
ちゃんと与えてあげれば、その中で、子供はいろいろ工夫を凝らし、
また、楽しく作品を作りあげることも出来ます。
以後、母として、気をつけようと思いました。

ちなみに、以前、学校行事でいつもより、早めに下校する日が
あった時にも、先生からの連絡事項にこんなことが書いてありました。

 ” いつもより、早めに帰ります。一人になったり、さみしい
   思いをしないように配慮してください。 ”


本当に、子供達のことを思い、気遣ってくださる優しい先生です。

今日も読んでくださっている皆さんと、そんな先生に
感謝、感謝・・・。
[PR]
by ray0606 | 2009-01-17 15:48 | ひとり言


何気ない日常 慎ましやかな    暮らしの覚え書き・・・。


by Ray

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ファン

最新の記事

ブログジャンル

画像一覧