ほんとの気持ち

今日も ~木漏れ陽の幸せ時間~ へようこそ。
どうぞ、ごゆっくりとお寛ぎください。


8歳の次女は、とてもよく、私のお手伝いをしてくれます。
幼稚園時代から、台所に立つ私のそばへ来ては

次女「ママ、ご飯作るの大変でしょう?
    何か、お手伝いすることな~い?」


と言ってくれます。

最近は、台所仕事以外にも、食事の後のお皿を洗ってくれたり、
洗濯物をとりこんでくれたり、家族の布団を敷いたり、
たたんだり、何かとお手伝いしてくれます。

でも、先日、まだ半乾きの洗濯物を、たたんでくれた時は
さすがに、苦笑してしまいました。(^^;
出来上がりはしわくちゃになってしまいましたが
それも、彼女の頑張りからきたもの・・・と思えば許せるかなぁ。

この間は、自分の上履きを洗うとか、トイレ、お風呂掃除まで
すると言うので、そこまでは、大丈夫と、やんわり
お断りしました。(笑)
すると、彼女が小声で一言・・・。

次女「本当は、ママに褒められたいの。
    いっぱい、喜んで欲しいのにな・・・。」


その言葉を聞いた時、今まで、口にこそ出して言いませんでしたが、
子供ながらに、こんなことを考えているのかと、
とても、愛しく思いました。

子供は、どの子も ”褒められたい。” という気持ちを持っています。
これからは、もっと上手に、たくさん子供達を褒めたいと
改めて思いました。

反対に、葉っぱをかけて育てるタイプの子もいますが、
我家の娘達は、どうやら ” 褒めて育てる” タイプのようです。

私達、大人だって、褒められたら嬉しいですよね。

今日も読んでくださった皆さんと、娘の気持ちに感謝、感謝・・・。
[PR]
by ray0606 | 2009-02-05 13:29 | 家族


何気ない日常 慎ましやかな    暮らしの覚え書き・・・。


by Ray

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ファン

最新の記事

ブログジャンル

画像一覧