飛騨高山紀行(オークヒルズ・OAK HILLS)

~木漏れ陽の幸せ時間~ へようこそ。
今日のこの日を精一杯・・・。
一粒、一粒・・・ゆる~り、ゆるりと 幸せ 拾い集めてゆきたい。


飛騨高山の街並みを散策したあとは、宿泊先の森の宿
「オークヒルズ・OAK HILLS」へ・・・。

実はこの宿には、ちょっとしたエピソードがありまして
・・・というのも、新宿「紀伊国屋書店」の8階に、こちらの
木製品のショールームがあります。
そこへ、結婚して間もなくの頃、足を運んだのが、オークヒルズを
知るきっかけとなりました。
その時「森の宿」に気持ちが高揚し、それ以来
「いつか泊まってみたいなぁ・・・。」とずっと思っていました。

その後、結婚式を挙げたレストラン、仏蘭西舎「瑞玉」
オーナーのお話より、ひょんなことから、レストランの内装から、
家具、全てにおいて、このオークヒルズが手掛けたものだと解りました。
どうりで、宿に着いた瞬間、違和感がなく、懐かしく、落ち着いた
雰囲気に包まれたわけです。

そして、そのまた、何年か後に、夫のお客様である、隊員の
通称「ろくさん」が、ヒルズのスタッフであったのです!
その流れで、今回、この宿泊が現実のものとなりました。(^^V


現在では、こちらで開かれている「モノ作り体験」のプログラムを
「地球探検隊」でツアーとして扱う事になり、
早々にも、6月26日~28日までの3日間、催行することになりました。
今回は、そのブログラムを私達も体験してきました。

そんなこんなで、このオークヒルズには、縁を感じずには
いられませんでした。 こういうことって、あるんですね。
夕方も、ゆっくり陽が暮れる頃、その念願叶った宿に着き・・・。
d0140533_9554677.jpg

宿泊したお宿の名前は「くるみ館」。 名前からして、可愛らしい!
d0140533_9361245.jpg

d0140533_9475965.jpg

玄関を入ると、すぐに、自然を感じさせてくれる物達が、お出迎え。
d0140533_935054.jpg

d0140533_936441.jpg


私達が泊まった部屋は、2階のロフト付き。
入っていきなり、この階段を目にした娘達は、もう大喜び。
それは、私も同じこと、幼少の頃は「ハイジ」が好きで
屋根裏部屋に、ものすご~く憧れました ♪
d0140533_9372934.jpg

階段を上った上が、この日の寝床です。
丁度、4人分の布団が敷けるスペースがありました。
d0140533_9385360.jpg

階段を上って行くと、天窓があり・・・。
d0140533_9392370.jpg

見晴らしの良い眺めも・・・。
残念なことに、この日のお天気は下り坂でした。
d0140533_9395595.jpg

そして、宿に荷物を置いて、一休みしたあとは、楽しみにしていた
ディナータイム。

今日も読んでくださった皆さんと、「森の宿」に感謝、感謝・・・。
[PR]
by ray0606 | 2009-05-10 08:22 | 飛騨高山の旅


何気ない日常 慎ましやかな    暮らしの覚え書き・・・。


by Ray

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

ファン

最新の記事

ブログジャンル

画像一覧