久しぶりに・・・。

~木漏れ陽の幸せ時間~ へようこそ。
今日のこの日を精一杯・・・。
一粒、一粒・・・ゆる~り、ゆるりと 幸せ 拾い集めてゆきたい。


昨日、夫に誘われて、久しぶりに映画を観に行きました。
映画館へ行って2人で観るなんて、何年ぶり?
と思って観た映画は、ロマンチックなラブストーリー?
それとも、愛と優しさ溢れる家族の物語?
それとも、それとも、夢と冒険いっぱいのファンタジー?

どれも当てはまらないみたい・・・。





d0140533_166267.jpg


「チェ・ゲバラ」・・・・・。(^^;
あぁ~何か、あの人らしい映画だわ~!

皆さんもご存知の方いるかと思いますが、キューバ革命を
成功に導いた悲劇の英雄であり、革命家です。

3日間、限定の ”28歳の革命” と ”39歳別れの手紙”の2本立て。
しかも、前編が2時間20分で、後編が2時間15分の超大作~!
合計4時間35分の映画を一気に観ましたよ!
途中、めげるかと思ったけど、何とか最後まで、頑張った・・・。

この映画は、どちらかというと男性が好んで観るような映画。
それに時代背景や歴史を知らないと、おもしろくないだろうなと
思いつつも、要所要所で、心に残るセリフがありました。
例えば・・・。

 「この闘争は、ある種の機会を我々に与えている

  最も崇高な類の人間である ”革命家” になる機会を

  また人間として最も純粋な形で成熟する機会を。」


きっと、人間って困難な時こそ、何かを成し遂げる機会を
与えられているのかな・・・と思わずにはいられませんでした。

実在の人物だったということもあり、彼の壮絶な生き様に
引き込まれていきました。

それに、彼はこんな言葉も言っています。

 「革命とは、戦うだけではない。読み書きを学び、知識を持たずして、
  革命は成り立たない。」と・・・。


そう言い続けたチェ・ゲバラは、革命家と同時に、詩や文学を愛する
文化人でもありました。
ジャングルのゲリラ活動中でも、常に書物を持ち歩き、自ら多くの
詩や手紙を書き記しています。
そんなところが、彼の人間的な部分も垣間見たようで
少し、安心しました。

映画を観終わって、1日経った今でも、あの余韻がまだ残っています。

今日も読んでくださった皆さんと、映画に誘ってくれた夫に感謝、感謝・・・。
[PR]
by ray0606 | 2009-06-18 16:03 | 芸術


何気ない日常 慎ましやかな    暮らしの覚え書き・・・。


by Ray

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ファン

最新の記事

ブログジャンル

画像一覧