カテゴリ:トルコの旅( 28 )

「トルコ・個人旅行」特別セミナー(第3回目)

~木漏れ陽の幸せ時間~ へようこそ。
今日のこの日を精一杯・・・。
一粒、一粒・・・ゆる~り、ゆるりと 幸せ拾い集めてゆきたい。

d0140533_1965973.jpg

7月から参加しているトルコセミナーも最終回の3回目になりました。
最後は、娘達も夏休みに入ったので一緒に参加しました。

たまたま、最後の回は「新しい家族旅行を提案する」ということで
ファミリーで旅するトルコがテーマで、昨年、モニターで行かれた
ご家族のレポートがありました。
あちらのご家族も、我が家とほとんど同年齢のお子さんだったのもあり
とても興味深く、参考にさせて頂きました。

行かれたのは、トルコ隋一のリゾート地・地中海沿岸のアンタルヤです。
年間300日も太陽の恵みを受けるこの地方は、日光浴や水泳、ウィンドサーフィン
水上スキー、セーリング、また登山、洞窟探検などのスポーツパラダイスです。

そして、ちょっぴり豪華で、おもしろさもワイドな地中海でのリゾート体験の
こちらのレポートの一部をご紹介します。

 「 トルコと聞くと、まず観光ツアーが思い浮かぶのですが、
   ビーチでのんびりも良いです。 
   しかも目の前は紺碧の地中海! 夢のようです。

   近郊のベレクにはプライベートビーチを持つ高級ホテルが建ち並び
   宿泊客は食事や飲み物、テニスやビーチバレーなどのアクティビティ
   エンターティメントが滞在中に楽しめます。
 
   子供向けのプログラムも充実していて、年齢別のサッカー大会や
   工作教室などもあります。
   ウォータースライダーがあるプールやキッズプール
   卓球台もあり家族で楽しめます。

   小さい子供を預かってくれる施設も完備されていたり
   キッズプログラムに参加している間、お母さんはホテル内を
   散策したり、エステ(有料)を体験したりすることもできます。

   またアンタルヤはリゾートと古代遺跡が一度に味わえるという
   利点もあります。
   ちょっと足を伸ばせば、古代ローマ帝国時代に栄えた遺跡が  
   あちこちに点在しています。

   旧市街の細く曲がりくねった通りを歩くと、情緒豊かな古い木造の
   家やオスマンスタイルの屋敷が古代都市の城壁に隣接しています。」


トルコと言うと、イスタンブールやカッパドキア、パムッカレなどが
一番に頭に浮かびますが、このようにリゾート地でのんびり滞在型でも
十分楽しめるのですね。 
都会的なところばかりでなく、温泉やスパ、エステなど、心と体をリフレッシュ
出来る旅もありなのです。少し、トルコのイメージが変わりました。
まだまだ、トルコ観光については、奥が深いです。
また、アンタルヤは、温暖な気候に恵まれ、沖縄に少し近い感じかもしれません。

トルコ航空からは、子供達にトルコと日本国民間の友好関係について
書かれた小冊子と、色鉛筆を頂きました。
d0140533_1962952.jpg

そして、最終日に出たトルコ料理は、やはりこちら・・・。
そう、ケバブです。↑ 

昨年のトルコ滞在中も、何度、食べたことでしょうか。
また、行って食べて、体験したい。
そんなトルコの旅を思い出させてくれたセミナーでした。

今日も読んでくださった皆さんと、トルコセミナーでお世話くださった
スタッフの皆さんに、感謝します。

皆さんの応援がいつも励みになっています。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by ray0606 | 2010-07-23 12:37 | トルコの旅

「トルコ・個人旅行」特別セミナー(第2回目)

~木漏れ陽の幸せ時間~ へようこそ。
今日のこの日を精一杯・・・。
一粒、一粒・・・ゆる~り、ゆるりと 幸せ拾い集めてゆきたい。

d0140533_14543399.jpg

昨日は、先週に引き続きトルコ政府観光局(トルコ共和国大使館)
トルコ航空
より行われた「トルコ・個人旅行」特別セミナーに参加してきました。
第2回目の昨日は、私が特に興味があったトルコ料理と伝統文化についてでした。
また、グルメ・ショッピング・エステ・ロマンチックなトルコ情報が満載でした。

そして、ゲストスピーカーには、料理専門家の荻野恭子先生より、
「トルコ料理の特徴」など様々なことをお話いただきました。
d0140533_15421055.jpg

先生は、本も書かれていて、そこには日本人でも簡単に作れるように
レシピや作り方が美しい写真と共に掲載されています。
(左側は、トルコ料理のガイドブックです。)
d0140533_15423237.jpg

つい先日、トルコからお帰りになったばかりで、写真でも
そのほやほやのトルコ料理情報を垣間見ることが出来ました。
私も昨年の9月に行ったばかりなので、どの写真も懐かしく
拝見させていただきました。

今回はお弟子さん達と一緒に10日間の旅行だったそうですが
トルコの家庭に入り、トルコのアンネ(お母さん)にお料理を教わったそうです。
先生が感心されていたのは、とにかくトルコのお母さんは
お料理に惜しげもなく、手間暇をかけるのだそうで、それはもう
一言で言えば「主婦の鏡」だとか・・・。

トルコは小麦の原産国なせいもあり、パンや餃子や春巻きのような
小麦粉を使ったお料理がたくさんあります。

ラマダンの時期には、明けた時にだけ作るという「ピデ」というパンと
スープを飲みます。
その時にだけしか食べられない貴重なパンなのです。

野菜料理も数多くあり、季節のもの、旬のものをその時に食べるという
まさに、体には一番良い食べ方をしているわけです。

そして、またまた、驚いたことに、ヨーグルトを一番消費するのが
トルコで、「ヨーグルト」という言葉もトルコからきた言葉なのです。
今や、世界語にもなっています。
ずっと、ブルガリアかと思っていたのですが、勘違いされている方も
多いと思います。

トルコ人は、ヨーグルトを市場でバケツで、大量に買うそうです。
ちょっと、想像してみましたが、日本ではありえないですね。005.gif
水分の濃度が違うものなど、種類も豊富で、日本のように砂糖を入れた
甘いものはなく、何も入れないか塩を入れて食します。
日本で言えば、味噌や醤油と同じ感覚です。

ナッツや豆類もおやつとして、よく食べるそうですが、採れたては生で
そのまま食べるそうです。アーモンドも殻付きをよく見かけました。
ドライフルーツも豊富で、どちらも好きな私には羨ましい限りです!

そして、忘れてはならない飲み物と言えば「トルココーヒー」です。
粉状にされたコーヒー豆を、トルコではジェズヴェ(Cezve)と呼ぶ
コーヒー用の鍋を使います。
そこへ、コーヒーを同じ割合で入れて、水を注ぎ煮立てて沸騰してきたら
火を弱め、浮かんできた泡をカップに等分に分けて入れます。
吹きこぼれる寸前に火を止めて、ジェズベにあるコーヒーをカップに注ぎ
粉が沈むのを待って上澄みを飲むようにします。

慣れないと最後の一滴まで飲もうとして、カップをグイっと持ち上げると
苦い粉も飲んでしまうハメに・・・。 最初、私もそうでした。026.gif
上澄みだけ飲むのって、結構、難しかったりします。

そして、カフェと言えば、16世紀には現在のイスタンブールに
「カフェ・カーネス」という最古の喫茶店が登場しました。

「カフェ・カーネス」とは、『コーヒーの家』という意味です。
ヨーロッパのコーヒーハウスの原型はトルコで生まれたのですね。
そのことを知った上でカフェに入ると、トルココーヒーを飲むのも
一味、違ったものになります。

また、トルコの楽しみ方として、ハマムと呼ばれる体を洗ったり、マッサージを
してもらうサロンのようなところで、リラックスすることも出来ます。

そして、トルコ音楽や舞踊などを鑑賞するのも良いでしょう。
「Sultans of the Dance 」 というグループは円形劇場で黒海地方の
ダンスショーを披露しています。
円形劇場で踊っているのは、このグループだけだそうで、機会があれば
私もいつか、観てみたいです。

昨日も、興味深いお話をたくさん聞けたセミナーでした。
そして、最後はフリートーク。
前回と同様、こんなトルコの食べ物が振舞われました。
d0140533_1644760.jpg

薄く焼いた生地の上に、香辛料の効いた挽肉と野菜がのったピザと
トルコ菓子で有名な、バクラワとロクムです。
バクラワは、甘党の私もめまいがする程甘かったです。
ロクムは、バラの香りがとてもよろしく美味しかったです。
先日も、Abies Mikuriya Cake の 実生コンサート
バラ尽くしのおもてなしを受けたばかりでしたが
やっぱり、私はバラもの好きです。001.gif
でも、この香りが石鹸を食べているみたいと、結構 苦手な方は多いですね。

そんなことで、2回のセミナーは、とても勉強になり、有意義なものでした。
昨年のトルコの旅を思い出し、また行ってみたくなりました。
トルコは、世界遺産や自然も多く、歴史や文化、芸術、音楽、舞踊、料理など
様々な顔を持ち、イベントやフェスティバルも行われ、1年中
四季を通して楽しめる国です。

だからこそ、どのトルコも見てみたい、体験してみたいと思いたくなる国なのでしょう。
皆さんも「百聞は一聞にしかず」です。
どうぞ、ご自身で体験されてみてください。

今日も読んでくださった皆さんと、セミナーに参加できたことに
感謝、感謝
・・・。

皆さんの応援がいつも励みになっています。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by ray0606 | 2010-07-15 14:42 | トルコの旅

「トルコ・個人旅行」特別セミナー(第1回目)

~木漏れ陽の幸せ時間~ へようこそ。
今日のこの日を精一杯・・・。
一粒、一粒・・・ゆる~り、ゆるりと 幸せ拾い集めてゆきたい。

d0140533_1315443.jpg

夫と「トルコ・個人旅行 特別セミナー」に参加させてもらいました。
昨年の9月にトルコへ旅をし、早いものでもうすぐ1年になります。
昨日のセミナーの内容は・・・。

博物館・歴史的なイスタンブールスポット・イベントについての案内 と
トルコの日常で、トルコの生活や暮らしについての案内と
スモールイベント、フェスティバルについてでした。

予備知識として知っておくと、興味深いことが沢山ありました。
トルコという国は横に長い国で、東西の時差は74分あります。
日本ではとても考えられません。059.gif
そして、皆さんもご存知のとおり、アジアとヨーロッパの二大陸をまたがる
中継地点という、世界的にも、とてもユニークな場所に位置しています。

また、黒海、地中海、エーゲ海、マルマラ海と
四方を海に囲まれ、線ではなく、面の広がりのある国でもあります。

宗教も多種にわたっていて、キリスト教、ユダヤ教、
イスラム教などが集う都市です。

そして、一年中イベントやフェスティバルがあるので、
四季を通して楽しめます。
今の時季は、ジャズ、オペラ、バレーなど、芸術関連のフェスティバルが・・・。

8月からは、バスケットボールの選手権大会。
10月には、ユーラシアマラソン大会やその他、F1レースや
各種スポーツ大会が目白押しです。
スポーツをするのが好き、観戦が好きな人にはたまらないでしょう。

また、トルコの楽しみ方の一つに島巡りがあります。
幾つかの島があり、そう遠くなく船で行ける距離なのです。
それではそこにはいったい何があるの? 何を楽しめるの?というと
そこには何もないから面白いのだとか・・・。043.gif

あるのは、緑と風と鳥のさえずりと、子供達の声。
そして、車は一台も走っていなくて、移動は馬車、もしくは自らの足です。
こんな風に、ゆっくりと時間が流れていく島巡り。
たまにはこんな旅も良いですね。
ありきたりの観光旅行では味わえない、旅の楽しみ方が
そこにはあると思います。

博物館や遺跡巡りも、知識として知るのは良いことですが、
やはりそこへ訪れたら、その国の人々と触れ合い、人々の生活を見たり、
その街の空気を感じる楽しさもあります。

確かにそうだなぁ・・・。
心に残る旅をしたいと思ったら、後者の方が私は楽しめるかなぁ。
あまり、人が行かないような道を行ってみたり、路地に入ってみたり
そこには、ちっぽけかもしれないけれど、もっと楽しい
何かがあるかもしれない。
ただ、そこを歩いているだけで、満足できてしまうような・・・。

疲れたらベンチに座って休むも良し、お腹が空いたら
カフェに立ち寄るも良し。
いいなぁ、そんな のんびりゆっくりコースの旅も・・・。

ちなみに、喫茶店は、16世紀の半ばイスタンブールで
初めてできたそうです。 知らなかったな~!001.gif

そんなわけで、セミナーの最後は、軽食が振舞われ
フリートークで終了です。
このセミナーは来週も違うテーマで行われます。
d0140533_1810243.jpg

トルコという国・・・もう一度リピートしたい国。

今日も読んでくださった皆さんと、トルコの話が聞けたことに
感謝、感謝・・・。

皆さんの応援がいつも励みになっています。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by ray0606 | 2010-07-08 11:45 | トルコの旅

トルコのお菓子(ロクム)

~木漏れ陽の幸せ時間~ へようこそ。
今日のこの日を精一杯・・・。
一粒、一粒・・・ゆる~り、ゆるりと 幸せ拾い集めてゆきたい。

d0140533_14551713.jpg

こちらはトルコのお菓子「ロクム」です。
昨年、旅行したトルコで買ってきたお土産の一つです。

日本の求肥によく似ていて、中はもちもちっとして柔らかいです。
種類も色々ありまして、こちらはピスタチオですが他にも
クルミやアーモンド、へーゼルナッツやフルーツなどもあります。

回りにまぶしてあるのはココナッツで
この味と食感がまた、たまらないのです。

こちらのサイトに、ロクムについて、ちょっと興味深いことが
書かれありましたので、もしよろしかったら、合わせまして
どうぞ、ご覧になってみてください。 
トルコの情報も満載です。→ 

今日もご訪問くださった皆さんに感謝します。
[PR]
by ray0606 | 2010-04-22 14:40 | トルコの旅

トルコの手袋

~木漏れ陽の幸せ時間~ へようこそ。
今日のこの日を精一杯・・・。
一粒、一粒・・・ゆる~り、ゆるりと 幸せ 拾い集めてゆきたい。


最近、長女は、2~3日前に降った雪の日のことを
始終、話しています。

昨日も。。。

長女「この間の雪が降った時にした雪合戦の時ね、
    みんな、手袋なしでやったんだよ~!」


私  「えぇ~! 冷たくなかったの~?」

長女「全然、平気だった。」

子供は元気ですねぇ。(^^:
夢中になっていると、きっと手が冷たいことなんて、
感じないんだろうなぁ・・・。

そんなことで、昨年行ったトルコで買ってきた
娘達へのお土産の一つ。
冬の時季には、やっぱり欠かせない手袋。
d0140533_10454186.jpg

でも、実はこれ・・・普段使いの手袋ではないんです。
あくまでも、飾り、インテリアとしての手袋です。
だから、掌にのってしまうほど、ものすごく
ミニミニサイズなのです。

そして、こちらの赤い手袋はミトンタイプで
上は、なんと編みかけニットのミニチュアです。
棒針も手作りで、とっても可愛いので思わず即買い!
しかも、これ、マグネットになっているのですよ~!
冷蔵庫にペタッと貼れます。@^^@
d0140533_10525658.jpg

道端の露店で、トルコのお母さん達が
売っているのを見つけました。

どれも、みんな心のこもった手作り、一点もの。
大事にしたいなぁって思いながら、我が家の
お土産コーナーに仲間入りしました。
娘達もとっても喜んでくれたし、良い買い物しました。

今日も読んでくださった皆さん、ありがとうございます。(^^)♪
[PR]
by ray0606 | 2010-02-05 10:59 | トルコの旅

トルコの旅(23)

~木漏れ陽の幸せ時間~ へようこそ。
今日のこの日を精一杯・・・。
一粒、一粒・・・ゆる~り、ゆるりと 幸せ 拾い集めてゆきたい。


トルコへ行く直前に、日本で放送されていた映画「トプカプ」を
観て以来、映画で登場したエメラルドの短剣を、実際に
見てみたいと思っていました。
そして、ついに行ってきました。 トプカプ宮殿へ・・・。
第一庭園入り口。
d0140533_11315660.jpg

中はほとんどの場所が撮影禁止だったので、お見せできないのが
残念ですが、それでも、宮殿の外周など、少しばかりの所は
撮影も可でした。 宮殿から望む海です。
d0140533_1133112.jpg

この日はあいにく、薄雲がかかっていましたが、見晴らしはとても良かったです。
d0140533_11333684.jpg

小石が敷き詰められていた、模様が凝った石畳。
d0140533_1149467.jpg

トプカプ宮殿の展示物の中で最も多くの人を集め、
注目されているのが宝物館です。
左下に写っているのが、有名な「エメラルドの短刀」です。
実物は撮影出来なかったので、本からで・・・。002.gif
d0140533_13583637.jpg

宮殿内を歩いていると、そこかしこに、ブルーのタイルが・・・。
どれも、見事でした。
d0140533_11343667.jpg

d0140533_11345684.jpg

正義の塔(スルタンの塔)
d0140533_11352454.jpg

d0140533_11355055.jpg

d0140533_11361332.jpg

オスマントルコ帝国のスルタンとその家族の住居であったハレム。
d0140533_11371947.jpg

「ハレム」という言葉は、イスラム教女性の住居という意味で、
母、お后、妻子、そして、世話をする女性たちが暮らしていました。
この中には、たくさんの部屋やサロンがあり、構造はとても複雑でした。
回っていても、迷路のようで・・・。
400近い部屋と中庭があり、宮殿の中には広い厨房や食堂、
図書館などもあり、まるで小さな都市のようでした。
ハレムの内部
d0140533_1138683.jpg

皇帝の長椅子
d0140533_1138316.jpg

皇帝の浴槽と洗面台
d0140533_1150764.jpg

d0140533_11502686.jpg

ステンドグラスの窓に光が差し込むと、幻想的な世界が・・・。
d0140533_1140651.jpg

d0140533_11403073.jpg

d0140533_11404885.jpg

宮殿内を回っていて、この場所にも、深い歴史があり、
人々の織り成す人間模様があったのかと思うと、
感慨深いものがありました。

トプカプ宮殿を見学し終わり、旅も終わるのかと思うと、何だか
ほっとしたような、寂しいような・・・。 
d0140533_11532454.jpg

そして、もうすぐ日本に帰るのかぁ
と思いながらこの街も見納め? 最後の街の様子です。
どうってことない古い建物ですが・・・。
d0140533_11105478.jpg

香辛料などが売れていたお店です。
d0140533_20373074.jpg

円すい状に、よくもこんなきれいに整えられたものです。
こちらは、ピスタチオを粉末にしたもの。
ケーキを焼く時に入れたら美味しいだろうなぁ・・・って食べること?
d0140533_11153487.jpg

チャイポットやカップなど、日用品のお店です。
日本で言うと、金物屋さんかな?今は日本でもないかなぁ・・・。
d0140533_20531837.jpg

ここでも、目の澄んだ可愛い女の子と出会いました。
カメラを向けると、クリッとした大きな瞳が、さらに大きく・・・。
d0140533_11165835.jpg

2人の少年も一枚ポーズをとってくれました。
d0140533_20385328.jpg

この街灯は、よ~く見ると傾いています。
こんなのもありなのですね~。
d0140533_2040671.jpg

お店の外観も、どことなく雰囲気があり・・。
d0140533_13172398.jpg

d0140533_20412533.jpg

ランチタイム前の、静かなオープンカフェテーブル。
お客様を待つ、僅かな時間がゆっくりと流れます。
d0140533_13191980.jpg

d0140533_21183474.jpg

d0140533_20435656.jpg

私には、横を向いた象に見えた雲。
d0140533_21145319.jpg

遠くの方に新市街が見えます。
d0140533_20515088.jpg

d0140533_20454076.jpg

ムール貝を売る屋台。
レモンがそばにあり、食べる時に絞って食べます。
d0140533_2047355.jpg

こちらは、来てすぐにお世話になった旅行会社。
気球に乗ること、ベリーダンスを観ることなど、
いろいろ我がままをきいてくれました。本当に感謝です。
d0140533_13212018.jpg

アヤソフィア博物館前の広場です。
慌しい人の流れとタクシーのスピードは、日本の都会と何ら変わりません。
d0140533_1323142.jpg

d0140533_13593019.jpg

イスタンブールへ来てから、幾度となく眺めていたブルーモスク。
この風景を見るのも、これが最後だと思うと名残り惜しかったです。
d0140533_1332154.jpg

長きに渡り、私のつたない「トルコの旅」を読んでいただき
ありがとうございました。
少しでも、皆さんがトルコの歴史や遺産、伝統文化に興味を持ち
これを機会に足を運んでいただけましたら幸いです。

この旅は、こちらからも詳しい情報が得られますので、
よろしければアクセスしてみてください。 → 

明日からは普通~に、私の何気ない日常を綴っていきます。
トルコのお土産も少しづつ、ご紹介していければと思います。
お時間ある時にでも、覗きにきていただけましたら嬉しいです。
今日も読んでいただいた皆さんに、心を込めて感謝、感謝・・・。016.gif
[PR]
by ray0606 | 2009-11-08 15:10 | トルコの旅

トルコの旅(22)

~木漏れ陽の幸せ時間~ へようこそ。
今日のこの日を精一杯・・・。
一粒、一粒・・・ゆる~り、ゆるりと 幸せ 拾い集めてゆきたい。


いよいよトルコの旅も最終日を迎えます。
滞在期間も、もう残すところあと数時間となり、
その日の夜には、イスタンブールを発たなければならなかったので
本当に急ぎ足の観光でした。
有名な、あの場所とこの場所と・・・まだ見ていない所がある~!

とにかく、1日フルに使わなければもったいないので、計画的に
まずはホテルからほど近い「アヤソフィア博物館」へ行きました。
d0140533_13243916.jpg

この日もたくさんの人達が観光に来ていました。
すると・・・その雑踏の中に、つい前日まで一緒に旅をしていた
ツアーメンバーの姿が・・・。
彼女も1日、延泊して観光しているようでした。
異国の地で、知っている人と出会うと、何故か嬉しいものです。001.gif
アヤソフィア博物館入り口付近です。
d0140533_1652171.jpg

中へ入ると、大きなドームに圧倒されます。大聖堂の内部・天井と2階廊です。
d0140533_11313390.jpg

トルコの至る所で、カリグラフィーのプレートを目にしました。
d0140533_1439207.jpg

ステンドグラスの窓の細部です。
光が差し込んだ時に、目に映る色合いが、とても優しく落ち着いています。
d0140533_1132022.jpg

大聖堂内部・ドーム・聖母子のモザイク画。
d0140533_11323543.jpg

礼拝堂には、ミフラーブ(メッカの方角を示す壁の窪み)、説教壇
コーラン壇、皇帝の説教壇などが造られています。
d0140533_1133358.jpg

貴賓席です。礼拝堂の少し高台の所にあります。
d0140533_14432914.jpg

大理石の壁です。見事な色とマーブル模様が、様々なものに見えます。
d0140533_11361615.jpg

この複雑な模様は悪魔が封じ込められているのだとか・・・?
d0140533_16242916.jpg

大理石製の大きな水瓶は礼拝に来た人々の洗礼用の水が
入っていたそうです。
かなり大きなもので、立つと人の背丈ほどの高さまであります。
d0140533_14335634.jpg

この先は2階ギャラリーへ続いています。
d0140533_1445186.jpg

オスマン朝の燈台です。
d0140533_14482321.jpg

2階回廊部分です。
d0140533_1625825.jpg

窓越しに見える幻想的なブルーモスク。
d0140533_11382655.jpg

聖母マリアとイエスの壁画です。
d0140533_1612812.jpg

アヤソフィアは、その建築と共にモザイク画が有名で、
特に人物の肖像画が多かったです。
出口付近にも、素晴らしい壁画があるのですが、
注意していないと見逃してしまいます。

そして、その後、地下宮殿にも足を延ばしました。
d0140533_1141683.jpg

旧市街にはいくつも貯水槽があり、中でもこの地下宮殿が
最も大きいそうです。
d0140533_11413239.jpg

一番奥に進んで行くと、この地下宮殿の目玉である
巨大なメドゥーサの頭が2体、横向きと逆さにされて
柱の一部になっています。
d0140533_11415964.jpg
d0140533_11421747.jpg

メデューサはギリシア神話に登場する女の怪物です。
蛇の髪の毛と、覗き込むと石になるという瞳を持ち、肌は青銅のウロコで
びっしり覆われ、背中には大きな黄金の翼が生え、口からは猪のような
鋭い牙を持っているとされています。
ここまで、聞いただけでも、おどろおどろしい怪物の様子が伺えます。 

宮殿の中ほどにある、目玉飾りで覆われた柱です。
d0140533_16295815.jpg

魔除けの意味を持つ目、ナザール・ボンジュウのようです。  
d0140533_1630269.jpg

いよいよ午後からは、トプカプ宮殿へと向かいます。

今日も読んでくださった皆さんに感謝、感謝・・・。
[PR]
by ray0606 | 2009-11-07 20:45 | トルコの旅

トルコの旅(21)

~木漏れ陽の幸せ時間~ へようこそ。
今日のこの日を精一杯・・・。
一粒、一粒・・・ゆる~り、ゆるりと 幸せ 拾い集めてゆきたい。


夜半にパムカッレを出発し、解散地のイスタンブールへ・・・。
夜行バスで、途中2回休憩を挟んで約10時間程。
翌朝の7時半頃、着きました。
ここで、8日間、共に旅したメンバーとはさよならです。
短い間でしたが、写真を撮ったり、握手をしたり、ハグしたり
別れを惜しんで、みんなとはここでお別れしました。
そして、午後からは再びフリーとなりました。

そこで、せっかくトルコへ来たのだからと、夫の知り合いである
トルコ在住の日本人女性mochaさんとお会いすることになりました。
お土産もまだ、買っていなかったので、色々とイスタンブールの街を
案内をしてもらうことに・・・。

早速、バザールへ連れて行ってもらいました。
d0140533_10454392.jpg

d0140533_1046543.jpg

こちらのお店は、チーズを売っていたのですが、どれもこれも
美味しそうで、チーズ好きの私にとっては、たまりませんでした。
でも、1個でも重いので、今回は買うのを諦めました・・・。
(また、いつか行くつもりで・・・。)007.gif
d0140533_15282734.jpg

ドライフルーツも種類が豊富!
d0140533_1533914.jpg

夫は、干し杏を買いましたが、実が日本のものと比べると
断然!大きいです。
計り売りで値段もかなり安くて、食べると甘くて美味しかったなぁ。

こちらは、お菓子屋さん。色とりどりのカラフルなものが
たくさん並んでいました。
中には、ちょっと、毒々しいのもありましたが・・・。
d0140533_1534238.jpg

トルコへ行って、このチャイグラスの形に魅了され、
思わず私も買ってしまいました。
d0140533_1048332.jpg

その時、mochaさんがお気に入りのガラス製品のお店に
連れて行ってくれました。
その名も「Pasabahce」。
トルコでは有名な高級ガラス製品のお店です。
ここで、かなり奮発して、チャイグラスを6客買いました。
このお店では、グラスとソーサーを自分の好みで
好きな組み合わせでチョイス出来るのです。
なので、人それぞれ、千差万別。
世界に一つしかない、組み合わせのセットで選べるのも嬉しいところ・・・。

そして、私がこの旅でどうしても欲しかったもの・・・。
それは、トルコならではのお土産。
伝統オヤレースの付いたスカーフです。
その縁どりを総称して「オヤ」と言います。
d0140533_9543629.jpg

このスカーフのことは、トルコへ行くことが決まった時に
知ったのですが、手芸好きの私にとって、ものすごく
興味をそそられたのでした。
それなら、良いお店を知っているとmochaさんが
案内してくれたのが、このお店・・・・。
d0140533_15394064.jpg

「エドまっちゃん~!?」 また、ネーミングが面白い。037.gif
由来を聞いたら、社長さんが昔、ダウンタウンのまっちゃんに
似ていたからだとか・・・。
店内には、スカーフやストールは勿論のこと、陶器やキルムのバッグ
クッションカバーなどなど・・・。
d0140533_15415010.jpg

地下にも、色鮮やかな絵皿や陶器がいっぱい!
d0140533_1047195.jpg

高い棚の上の方まで、それはもう、目移りするほど、
たくさんあって、スカーフを選ぶのも一苦労!
限られた時間内で、目が血走るほど?選んで選んで
家族や友人知人のお土産にと何枚か購入しました。
「イーネオヤ」という立体的なオヤも買い
今、手元にあるオヤを眺めては、これを何にどう活かそうかと
現在、考案中・・・。

その他にも、ちゃんとお留守番しくれている娘達にも
しっかりお土産を買いました。
そのお土産は、また後日、お伝えしようと思います。

今までは、ずっと、夫と2人で旧市街しか行ったことがありませんでしたが
mochaさんは、新市街の方も案内してくれました。
遠くに見えるのが「ガラタ塔」です。
d0140533_10581990.jpg

やはり、こういう彩りよく並べられたフルーツには目がいってしまいます。
d0140533_10594890.jpg

この界隈は、楽器店が多く並んでいました。
d0140533_1102691.jpg

街頭では、演奏する姿も・・・。
d0140533_111264.jpg

路面電車もいまだ、健在・・・。
d0140533_1113653.jpg

歩き疲れたら、甘いものが欲しくなり・・・。
ここも、mochaさんお薦めのアイスクリーム屋さん「MADO」。
d0140533_1143368.jpg

「絶対に美味しいので、是非、一度食べてみてください!」

彼女のこの一言の誘惑には勝てませんでした~!011.gif
確かに美味しかった~! 私はピスタチオのアイスクリームを食べました。
ほんのり、芳ばしい香りが何とも言えず・・・。

そして、お土産屋さん巡りをして夕方になり、ちょっと早いディナーをしました。
mochaさんとは、この時、初対面だったのですが
色々、お話して、あっという間に楽しい時間は過ぎていきました。
もう、すっかり外は夜景が綺麗な時間に・・・。
既に、クリスマス気分?
d0140533_118172.jpg

d0140533_15474946.jpg

この日、食後のデザートにと「saray」
というケーキ屋さんに寄りました。
日本で言うと、「明治屋」さん的な老舗店だそうです。
そこで、たまたまトルコの伝統菓子を作っていました。
ショーウィンドウから見える まさに蜜を上からかける瞬間です!
お~!上からあんなに惜しげもなく蜜が~!
d0140533_15524034.jpg

そして、下に溜まった蜜はあの後、どうなるのでしょうか?
店内に入ると、またまた美味しそうな甘い誘惑が・・・。
んん~もうたまりません!
d0140533_15555333.jpg

d0140533_1185364.jpg

ナッツ大好きの私は、やはりここでもピスタチオのsweetを・・・。
トルコでは、お菓子によくピスタチオが使われていました。
テイクアウトしてホテルで頂きましたが、ミルクプリンのようなそのsweetは
甘さも程好く、中はココナツ味で、プルルンとした食感がとても美味でした。

mochaさんは、ティラミス?のようなものをお買いでしたが
お味はいかがだったのでしょうか?

この日は、半日、彼女にお付き合いいただいて、色々と
案内していただきました。
トルコの街にお詳しいmochaさんがいらっしゃらなければ
こんなに良い買い物は出来なかったことでしょう。
本当にありがとうございました。
新市街にも連れて行っていただき、本当に満喫した1日でした。

そして、今日もご訪問くださった皆さんにも・・・ありがとうございました。
[PR]
by ray0606 | 2009-11-06 09:54 | トルコの旅

トルコの旅(20)

~木漏れ陽の幸せ時間~ へようこそ。
今日のこの日を精一杯・・・。
一粒、一粒・・・ゆる~り、ゆるりと 幸せ 拾い集めてゆきたい。


いよいよ、メンバーと共にするトルコツアーも最終日を迎えました。
トルコの世界遺産、パムッカレを後にして、ホテルへの帰り道、
ほのぼのとした村の人々と出会いました。
私がカメラを持っているのを発見すると、
母娘「私達を撮って!」と声をかけられました。
d0140533_10145250.jpg

物おじなんか、全然しない、こんなこともお構いなしの明るい
気さくな母娘でした。
そして、立ち去ろうとした時、今度は・・・・。
母「出来たら、写真ここへ送って!」と家の住所を書いた
メモを渡されました。
少しの躊躇もなく、逆にこちらの方がビックリでした~!

お兄ちゃんは、美味しそうにざくろの丸かじり。
d0140533_1050791.jpg

やっぱり、男の子はちょっ照れ屋さんでした。037.gif
d0140533_10185640.jpg

少し歩くと、こんな風に干草でしょうか?
その上で作業をするおじさんが・・・。
実は、かなり高い所まで積んであったのですが
人間が乗っても、ちっとも潰れることなくしっかりしていました。
d0140533_10222294.jpg

危ないからゆっくり降りてくださいね。
d0140533_1051059.jpg

ホテルに着くと、何やら子供の笑い声が・・・。
d0140533_10521255.jpg

行ってみると、近所の子供達が遊んでいました。
d0140533_10525080.jpg

d0140533_10531743.jpg

d0140533_1053468.jpg

そばへ行って、日本から持ってきていた折り鶴や奴さんなどを
あげると、とても珍しそうに喜んでくれました。
d0140533_10541435.jpg

d0140533_1028852.jpg

トルコの女の子は、みんなチャーミングでとても可愛いです。019.gif
d0140533_1028485.jpg

しゃがんで折りだす子も・・・。
この男の子はとても、熱心に夢中になって折っていました。
きっと、こういう事に興味があるのでしょう。
将来は、手作業の仕事についたりして・・・・。
d0140533_1030426.jpg

そんなこんなで、このホテルでは、夕食を済ませた後、
夜行バスで再び、イスタンブールを目指しました。

今日も読んでくださった皆さんに感謝します。
[PR]
by ray0606 | 2009-11-05 10:31 | トルコの旅

トルコの旅(19)

~木漏れ陽の幸せ時間~ へようこそ。
今日のこの日を精一杯・・・。
一粒、一粒・・・ゆる~り、ゆるりと 幸せ 拾い集めてゆきたい。


今日は、ツアーの最後に行ったトルコの世界遺産・パムッカレ
のことをお伝えしようと思います。

下の写真は、宿泊はしませんでしたが、荷物だけ
置かせてもらったホテルです。
家族経営されているようで、とても温かくてアットホームな
雰囲気は、居心地満点でした。
ここはあくまでも経由地として、立ち寄っただけ・・・。
ランチとディナーの2回、食事をしました。
d0140533_9342935.jpg

左に大きく生茂っているのは、オリーブの木で、
そこかしこに、ありました。
きっと、自家製ピクルスでも作られているのでしょう。
d0140533_938317.jpg

ざくろの木もたくさんありました。
そういえば、街ではざくろジュースをよく見かけましたが
やはり、こちらは産地なのでしょうか。
ざくろは体にも良いし、特に女性には体調を整えてくれる作用が
たくさん含まれています。
コレステロール値を下げたり、髪やお肌にも良いのだとか・・。
そんなざくろが豊富に採れるなんて羨ましい限りです。
d0140533_95205.jpg

しばし、プールサイドで疲れを癒すメンバー達。
d0140533_9393471.jpg

食堂もこんな雰囲気でくつろげました。
d0140533_9522153.jpg

そしてランチタイム。お料理を待っている間にも、
良い匂いが、辺り一面に立ち込めてきて・・・
見るとオーブンではなく、釜で焼いているのです。
d0140533_952468.jpg

直火で焼くチキン、こんがりローストされて美味しそうに焼けています。 
出来上がりが待ち遠しい!
d0140533_9532249.jpg

骨付きラム肉も、お肉がとってもジューシーで肉の臭みが
全くなく食べやすかったです。
d0140533_1074166.jpg

ランチを堪能した後は、私がこのツアーで一番
楽しみにしていたパムッカレ温泉へ・・・。
ホテルからゆっくり歩いて20~30分程の場所に、
その白い岩群が見えました。
大きさが解りにくいですが、雪で作ったかまくら程の大きさです。

パムッカレはトルコ語で「綿の城」という意味があります。
見た目には柔らかそうに見えますが、石灰なので、触るととても硬いです。
d0140533_9585659.jpg

行くと、とにかくその白さに目が痛いほどで、サングラスは必須でした。
d0140533_1015316.jpg

コバルトブルーの水の色が、とても神秘的な石灰棚の丘陵地。
d0140533_102215.jpg

膝よりずっと深い場所もありました。
d0140533_106367.jpg

ビキニ姿で登る人達も・・・。
d0140533_1041589.jpg

ご家族で、なんと微笑ましい。037.gif
d0140533_10192090.jpg

太陽を目の前に、頂上から見る眺めも最高でした。
空気もとても美味して、思わず、大きく深呼吸・・・。
d0140533_10112163.jpg

こちらは遺跡温泉の「アクアプール」。
d0140533_10145090.jpg

まさに、今お尻の下には遺跡群が・・・。
d0140533_1014767.jpg

皆さん、気持ち良さそうにくつろいでいました。
なんて、優雅な休日の過ごし方でしょうか。
d0140533_1015444.jpg

このパムッカレは、今まで写真で見たことはあっても、
訪れたのは、今回初めてでした。
実際に目の前にすると、やはり今、自分がこの場所に
いるのだということで感動します。
一度は、行ってみたいと思っていたので、大満足です!

当然のことながら、人工的に造られたものでなく、
自然によってできたもので、なおかつ、何十年、何百年もかけて
このような地形になったことを考えると、自然って偉大だなぁと思います。
皆さんも、是非、実際に行かれてみて、
その感動を味わってみてください。

今日も読んでくださった皆さんに感謝、感謝・・・。
[PR]
by ray0606 | 2009-11-02 10:34 | トルコの旅


何気ない日常 慎ましやかな    暮らしの覚え書き・・・。


by Ray

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ファン

最新の記事

ブログジャンル

画像一覧