カテゴリ:飛騨高山の旅( 9 )

飛騨高山紀行(森の博物館)

~木漏れ陽の幸せ時間~ へようこそ。
今日のこの日を精一杯・・・。
一粒、一粒・・・ゆる~り、ゆるりと 幸せ 拾い集めてゆきたい。


今回の、旅の最後は「森の博物館とショールーム」です。
d0140533_15494159.jpg

d0140533_15513885.jpg

木工製品の小物販売や、家具の展示ショールームがあります。
店内に入ると、丸い小さなガラス窓から、太陽の光りが
漏れていて自然の温かさを感じます。
d0140533_15501720.jpg

こちらがショールーム。 暖炉のある家・・・憧れます。
ダイニングチェアに、座らせてもらったのですが、これが何と
背もたれの部分が、背中にぴったりフィットして、全然、
痛くないし疲れなさそうなんです。
丸みを帯びたラインが、体に負担をかけないのでしょう。感動ものでした!
d0140533_1553281.jpg

「オークビレッジ」では、注文住宅や、店舗なども手掛けています。
d0140533_15533854.jpg

釘を一切、使わない木組みの方法で木にも優しい。。
d0140533_1554068.jpg

木馬がこんなにたくさん!
これに揺られ遊ぶ子供達の姿が、目に浮かぶようです。
d0140533_166426.jpg

小学校で使われていたナラの椅子。
今の学校は、鉄パイプの椅子ですが、昔はこんな椅子が
使われていたのですね。
d0140533_15561532.jpg

のっぽではありませんが、おじいさんの古時計を、思わせる木の時計。
d0140533_15565280.jpg

椅子と言ってもデザインは様々。 
d0140533_15574979.jpg

額縁もこんな風に、全部木で作られたものだと、
やっぱり、温かみを感じます。 中には、本物の葉が入っていました。
d0140533_1605988.jpg

こちらは、学校の旧校舎のようですが「オークビレッジ」の建物です。
何でしょうか・・・やっぱり、木造ってい~なぁ~・・・。
d0140533_1625472.jpg

今日も最後まで、読んでくださった皆さんと、森の自然に
感謝、感謝・・・。
[PR]
by ray0606 | 2009-05-15 16:08 | 飛騨高山の旅

飛騨高山紀行(スプーン作り)

~木漏れ陽の幸せ時間~ へようこそ。
今日のこの日を精一杯・・・。
一粒、一粒・・・ゆる~り、ゆるりと 幸せ 拾い集めてゆきたい。


いよいよ、楽しみにしていた「モノ作り体験」の日。
工房は、歩いて10分ほどの所にありました。
山里を歩きながら・・・。
d0140533_1020542.jpg

川のせせらぎを聞きながら・・・。
d0140533_10203875.jpg

d0140533_10212966.jpg

山肌からは、湧き水が小さな滝のように流れていました。
d0140533_1022245.jpg

そして、やっと着きました。緩やかな坂を上ったところに位置する工房。
「森の自然学校」です。
d0140533_10225036.jpg

スプーン作りなんて、私も初めてしました。
まずは、木材に印を付け・・・。
d0140533_1023245.jpg

カットしていきます。
d0140533_10235928.jpg

食べ物をすくう部分を彫刻刀やノミで削り、形がだいたい出来上がったところで、
ヤスリをかけていきます。
口にあたる部分が一番、難しいと思います。
ここが、いかに自分の口に合った、そして滑らかなラインを出せるかどうか・・・。
d0140533_10242191.jpg

これは、まだ未完成のスプーンです。
この日は、完成までいきませんでしたが、後日、家に戻ってからの
仕上げとなりました。 さて、どんなスプーンが出来るのかな? 
d0140533_10251245.jpg

娘達も、学校の工作だって、こんなに手のこんだ物は
作らないと思います。
難しい工程もたくさんあったようですが、何とか、形には出来ました。
世界でたった一つの、自分だけのマイスプーン。
大切にして欲しいです。

そして、そのスプーンで、まずは何を口に運びましょうか。 
出来上がりが楽しみです。(^^)*
今日も、読んでくださった皆さんと「モノ作り体験」に感謝、感謝・・・。
[PR]
by ray0606 | 2009-05-14 10:35 | 飛騨高山の旅

飛騨高山紀行(どんぐり文庫)

~木漏れ陽の幸せ時間~ へようこそ。
今日のこの日を精一杯・・・。
一粒、一粒・・・ゆる~り、ゆるりと 幸せ 拾い集めてゆきたい。


早朝からのお散歩の後は、お腹も空いたところで朝食です。
もう、既に少しの宿泊客の方達が、来ていました。
d0140533_21473292.jpg

来た時は気がつきませんでしたが、入り口すぐの、レジカウンターもお洒落です。
d0140533_2148489.jpg


手作りの木工製品も売られていました。
d0140533_215136100.jpg


そして、朝食のメニューは洋食スタイルで、ソーセージやベーコンなど、
特に、スクランブルエッグが、とろふわで美味しかったです。
d0140533_21575276.jpg

パンも好きなだけ、自分で焼くセルフサービス。
食パンも柔らかくて、丸いロールパンは、少々甘味があり
他のお客さん達にも大人気! 
お替りをしようと思ったら、あっという間になくなっていました~!
d0140533_2152995.jpg


このレストランの建物は2階建てで、上階にはキッズスペースがあります。
d0140533_17483933.jpg

この階段を上って行くと、その先には「どんぐり文庫」。
d0140533_17472893.jpg

絵本以外にも、大人も楽しめる本や雑誌もありました。
d0140533_2153216.jpg

木や石の手作り品が一杯! 窓のところには、木で作られた、こんなトナカイが・・・。
d0140533_21543280.jpg

子供が乗れる木馬もありました。
そして、天井から吊るされたランプも素敵です。
d0140533_21595719.jpg


今日も読んでくださった皆さんと、美味しい朝食と癒し空間に感謝、感謝・・・。
[PR]
by ray0606 | 2009-05-13 11:35 | 飛騨高山の旅

飛騨高山紀行(早朝のお散歩)

~木漏れ陽の幸せ時間~ へようこそ。
今日のこの日を精一杯・・・。
一粒、一粒・・・ゆる~り、ゆるりと 幸せ 拾い集めてゆきたい。


ぐっすり一晩、ロフトで眠り、朝まで一度も目が覚めず
気がつくと、もう朝になっていました。
d0140533_14121611.jpg


窓を開けると木で作られた、日除けがあり、そこから見える眺めも
また、とても素敵でした。
d0140533_1413487.jpg


正面から見ると、まるで絵画でも見ているようで・・・。
d0140533_14151386.jpg


朝から鴬の鳴き声もして、とても優雅な気分になりました。
よ~く、見ると中央に、その姿が・・・。
すぐに飛び立ってしまうので、なかなか良いシャッターチャンスが
掴めませんでしたが、何とか・・・。ヾ
d0140533_14184897.jpg


朝食の前に、少しだけ宿の周辺をお散歩。
そこでは、色々な植物達に出合いました。
d0140533_14275265.jpg

d0140533_14281518.jpg

d0140533_14284141.jpg


裏には、蒔き小屋があり・・・。
d0140533_14291587.jpg


木の屋根の押さえだと思いますが、大きな石がたくさん積まれていました。
d0140533_14304498.jpg


こののどかな里山の景色に癒されながら、そろそろ、お腹も空く頃かな?
d0140533_1443144.jpg


今日もご訪問くださった皆さんと、朝のお散歩に感謝、感謝・・・。
[PR]
by ray0606 | 2009-05-12 14:44 | 飛騨高山の旅

飛騨高山紀行(ディナータイム)

~木漏れ陽の幸せ時間~ へようこそ。
今日のこの日を精一杯・・・。
一粒、一粒・・・ゆる~り、ゆるりと 幸せ 拾い集めてゆきたい。



「森の宿」に到着したら、今度は「森のレストラン」です。
d0140533_15261211.jpg

旅行中の楽しみの一つに、なんと言っても食ありき!です。
せっかく行くのだから、日常を離れ少しだけ贅沢したいなって思います。

レストランの入り口、入ってすぐの所に暖炉が置かれ
テーブルに着く前に、もう興奮しちゃいます! わくわく!
d0140533_15272193.jpg

この日の、ディナーは、おまかせのコースで・・・。
地元の旬の食材と、自家菜園で採れた野菜たちで
心にも体にも優しいお料理を頂きました。

メインを含め全部で四品、それにパン or ライスを選び
食後のデザートには、コーヒーが付きます。

まずは、前菜から・・・。
「エビと帆立のテリーヌ」です。 エキスがギュッと凝縮された一品でした。
左上のオレンジ色のソースは、酸味があり、トマトのような味がしました。
d0140533_15121624.jpg


「ホタルイカのマリネ」です。
下には水菜のマヨネーズ和えが添えてありました。
そのシャキシャキとし食感が、益々、味を引き立てます。
d0140533_15151014.jpg


そして、この光り輝く?緑は、グリンピースの冷スープです。
色といい、味といい、初夏を感じさせてくれる一品でした。
d0140533_15162647.jpg


メインは・・・鶏肉のオーブン焼き。
皮がパリッと中はジューシー!(何だか、ソーセージのCMみたい。笑)
驚くほど、肉厚でした。
d0140533_15212754.jpg

昼間は、道中、買い食いばかりしていた次女でしたが「美味しい~!」
と言って私の分もパクリ! (お子様は、別メニューでしたので・・・。)

娘達は、一皿目のパンも食べきり、しっかりお替りも・・・。(^^;
そして、最後の別腹に収めたデザートは
チョコレートケーキとバニラアイスです。
d0140533_15345462.jpg

ふぅぅ~、こんな美味しいものを食べられて本当に幸せでした~。

お腹も満たされ、しばし、シェフとスタッフの方達とのおしゃべりを楽しみ・・・。
レストランと同じ敷地内にある、お宿へと戻りました。
ほんの少し、なだらかな山道を上り、歩いて1~2分の場所にあるので、
僅かですが、涼やかな風と、夜外の空気を吸いながら、
とても心地良い気分で、部屋まで戻りました。

今日も読んでくださった皆さんと、美味しいお料理&スタッフの皆さんの
お心遣いに感謝、感謝・・・。
[PR]
by ray0606 | 2009-05-11 15:27 | 飛騨高山の旅

飛騨高山紀行(オークヒルズ・OAK HILLS)

~木漏れ陽の幸せ時間~ へようこそ。
今日のこの日を精一杯・・・。
一粒、一粒・・・ゆる~り、ゆるりと 幸せ 拾い集めてゆきたい。


飛騨高山の街並みを散策したあとは、宿泊先の森の宿
「オークヒルズ・OAK HILLS」へ・・・。

実はこの宿には、ちょっとしたエピソードがありまして
・・・というのも、新宿「紀伊国屋書店」の8階に、こちらの
木製品のショールームがあります。
そこへ、結婚して間もなくの頃、足を運んだのが、オークヒルズを
知るきっかけとなりました。
その時「森の宿」に気持ちが高揚し、それ以来
「いつか泊まってみたいなぁ・・・。」とずっと思っていました。

その後、結婚式を挙げたレストラン、仏蘭西舎「瑞玉」
オーナーのお話より、ひょんなことから、レストランの内装から、
家具、全てにおいて、このオークヒルズが手掛けたものだと解りました。
どうりで、宿に着いた瞬間、違和感がなく、懐かしく、落ち着いた
雰囲気に包まれたわけです。

そして、そのまた、何年か後に、夫のお客様である、隊員の
通称「ろくさん」が、ヒルズのスタッフであったのです!
その流れで、今回、この宿泊が現実のものとなりました。(^^V


現在では、こちらで開かれている「モノ作り体験」のプログラムを
「地球探検隊」でツアーとして扱う事になり、
早々にも、6月26日~28日までの3日間、催行することになりました。
今回は、そのブログラムを私達も体験してきました。

そんなこんなで、このオークヒルズには、縁を感じずには
いられませんでした。 こういうことって、あるんですね。
夕方も、ゆっくり陽が暮れる頃、その念願叶った宿に着き・・・。
d0140533_9554677.jpg

宿泊したお宿の名前は「くるみ館」。 名前からして、可愛らしい!
d0140533_9361245.jpg

d0140533_9475965.jpg

玄関を入ると、すぐに、自然を感じさせてくれる物達が、お出迎え。
d0140533_935054.jpg

d0140533_936441.jpg


私達が泊まった部屋は、2階のロフト付き。
入っていきなり、この階段を目にした娘達は、もう大喜び。
それは、私も同じこと、幼少の頃は「ハイジ」が好きで
屋根裏部屋に、ものすご~く憧れました ♪
d0140533_9372934.jpg

階段を上った上が、この日の寝床です。
丁度、4人分の布団が敷けるスペースがありました。
d0140533_9385360.jpg

階段を上って行くと、天窓があり・・・。
d0140533_9392370.jpg

見晴らしの良い眺めも・・・。
残念なことに、この日のお天気は下り坂でした。
d0140533_9395595.jpg

そして、宿に荷物を置いて、一休みしたあとは、楽しみにしていた
ディナータイム。

今日も読んでくださった皆さんと、「森の宿」に感謝、感謝・・・。
[PR]
by ray0606 | 2009-05-10 08:22 | 飛騨高山の旅

飛騨高山紀行(花・・・etc)

~木漏れ陽の幸せ時間~ へようこそ。
今日のこの日を精一杯・・・。
一粒、一粒・・・ゆる~り、ゆるりと 幸せ 拾い集めてゆきたい。


たくさんの個性溢れる看板を眺めながら、歩いて行て、ふと下方に
目をやると、これもまた、センス良く植えられた花達が目に留まりました。

素敵に・・・。
d0140533_1521523.jpg

可憐に・・・。
d0140533_15222351.jpg

そして、こんなアイディアで・・・。
d0140533_15225785.jpg

ただ、植木鉢に植えられているのではないところが
創意、工夫の成せる業でしょうか。

カラフルな人力車が、乗り手を待ってスタンバイOK!
d0140533_1523294.jpg

とりわけ、夫はこんな看板に誘われて・・・。
d0140533_15235611.jpg

店先には、見事な酒樽が・・・。
d0140533_15241873.jpg

種類も豊富に揃います。
d0140533_15243949.jpg

街路の両端には、水流も涼しげに・・・。
d0140533_1525395.jpg

京都や倉敷でも、よく見かけますが、風情があって、
私はこの光景がとても好きです。
今日もご訪問くださった皆さんと、楽しく過ごした時間に
感謝、感謝・・・。
[PR]
by ray0606 | 2009-05-09 15:28 | 飛騨高山の旅

飛騨高山紀行(賑わいと看板)

~木漏れ陽の幸せ時間~ へようこそ。
今日のこの日を精一杯・・・。
一粒、一粒・・・ゆる~り、ゆるりと 幸せ 拾い集めてゆきたい。


このGWに出かけた飛騨高山紀行の続きです。
高山に限らず、古い町並みを散策していると、何だか
とても心が落ち着く反面、わくわくします。(笑)
日本には、全国各地にこのような場所がありますが、いつか
全部、行ってみたいななんて思います。

この日も、大勢の観光客で賑わっていました。
d0140533_1091918.jpg

個性、溢れるお店の看板が目に留まります。
d0140533_9425397.jpg
d0140533_9431997.jpg

d0140533_9451346.jpg

d0140533_9453584.jpg

d0140533_946784.jpg

d0140533_1095857.jpg

d0140533_1012898.jpg

d0140533_10123232.jpg

d0140533_1012537.jpg

高山と言えば、この藁靴、修学旅行で行った時に、買った記憶が・・・。
d0140533_9463687.jpg


お洒落な看板が、とても多くて、面白くて、楽しくて、気がついたら、
カメラを向けていました。(^^;

今日も、お付き合いくださった皆さんと、高山の古い街並みに感謝、感謝・・・。
[PR]
by ray0606 | 2009-05-08 10:20 | 飛騨高山の旅

飛騨高山紀行

~木漏れ陽の幸せ時間~ へようこそ。
今日のこの日を精一杯・・・。
一粒、一粒・・・ゆる~り、ゆるりと 幸せ 拾い集めてゆきたい。


このGWに、家族で飛騨高山へ行きました。
行きは、新宿午前8時発の、高速バスで、5時間半。
途中、2度ほど休憩が入りましたが、その間、少々
車酔いの心配をしていた娘達もよく頑張りました。
きっちり定刻通り、高山へ着き、その後、市内を散策。

・・・とその前に、今回ガイドをしてくださった通称 ろくさんに、
美味しい、飛騨そばのお店「小船」に連れて行ってもらいました。
d0140533_2138543.jpg

飛騨そばとは、岐阜県の奥飛騨の高地で、生産されたそばを
挽いて打ったお蕎麦のことです。
ここでの、看板メニューは「山菜天ぷらそば」。
揚げたての姫竹やこごみ、などがのっています。
(しかし、今回は写真がありません・・・悪しからずです。^^;)

そして、お腹も一杯になったところで、高山の街を案内してもらいました。
これは、橋から望む宮川です。 春には桜が満開だったとか・・・。
d0140533_21455523.jpg


藤の花が、まだ咲いていました。
d0140533_21492317.jpg


橋のすぐ近くで、ろくさんお薦めの、この界隈では一番美味しいと
言われる「陣屋のみたらしだんご」を頂きました。
d0140533_2154401.jpg

これも、残念ながら、また写真がなくて・・・。
(美味しいものを目の前に、この日は、全然、食べ物の写真が
 撮れてません・・・。 みんな、美味しい物には目がなくて・・・。 汗;)
関東で「みたらしだんご」と言えば、甘辛だれのあんが定番ですが
こちらは、醤油がかかったおだんごを、炭火で焼いたものです。
ちょっと、お醤油が焦げたあの感じが、香ばしくて、
良い香りでした~。

この後、私の大好きな古い町並みへと足を運びました。
明日は、そちらの方をご紹介したいと思います。
今日もご訪問いだたいた皆さんと、無事、高山に来られたことに
感謝、感謝・・・。
[PR]
by ray0606 | 2009-05-07 22:00 | 飛騨高山の旅


何気ない日常 慎ましやかな    暮らしの覚え書き・・・。


by Ray

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ファン

最新の記事

ブログジャンル

画像一覧