<   2010年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧

5年2組の思い出

~木漏れ陽の幸せ時間~ へようこそ。
今日のこの日を精一杯・・・。
一粒、一粒・・・ゆる~り、ゆるりと 幸せ拾い集めてゆきたい。

d0140533_15403948.jpg

小学校の終業式の前日、長女が担任の先生から
こんなものを頂いてきました。
クラス全員に配られたCD。
それは、5年2組のみんなの日常や授業風景が
収められていました。
全て先生が編集してくださったそうです。
しかも、3クラス全員分。これは、凄いです!

帰って来て、早速、娘たちと見てみると、そこには
クラスみんなのたくさんの笑顔がありました。
おすましさんも、おどけた子も、それはそれはみんな
良い顔をして笑っていました。

バックミュージックは、ゴダイゴの「銀河鉄道999」の
曲から始まり、選りすぐりのものばかり。
音楽効果も抜群でした。
思わず、私の目もうるうると・・・。
こんな素敵なプレゼントに感動しました。

今の子供達は、羨ましいです。
自分の子供の頃の姿が動画で、しかも音声入りで見れる
ビデオもあるのですから・・・。
私も、今の娘達と同じ頃の自分を見てみたいです。001.gif

終業式が終わったその日は、もう最後だからと、一度、帰宅した後、
午後からクラス全員で校庭に集合して、遊ぼうということになり、
娘も昼食もそこそこに済ませ出かけて行きました。

本当に、男女の仲が良く、一致団結したクラスでした。
これも、上手にまとめてくださった担任のA先生のお陰です。

来年度は、クラス替えがあります。
娘は、またA先生が担任だと良いと言っていますが
たぶん、それはないと思います。
先生は、本当に子供達の意思を尊重し、それぞれの個性を
引き出してくれました。
娘もとても積極的になりました。
1年間、お世話になったことを心から感謝したいと思います。

そして、今日もご訪問いただいた皆さんにも感謝です。
[PR]
by ray0606 | 2010-03-31 06:50 | 成長

OYAの花麗祭

~木漏れ陽の幸せ時間~ へようこそ。
今日のこの日を精一杯・・・。
一粒、一粒・・・ゆる~り、ゆるりと 幸せ拾い集めてゆきたい。

d0140533_1535523.jpg

昨日は、ギンザギャラリーハウスで行われているオヤの作品展
「OYAの花麗祭」へ行ってきました。
d0140533_15293936.jpg

昨年、千駄木にある トレマーガ の教室に通っていた時に
お知らせいただきました。
東京、名古屋、大阪と約120数名ほどの生徒さんの作品が
集結したと言っても良いくらいの作品展でした。

初日の昨日、OPENを30分ほど過ぎる頃、ギャラリーに到着。
もう既に大勢の人達で賑わっていました。

入り口に入る前、ガラスの扉越しに、すぐ七海先生の姿が見え、
目が会いお互いに会釈をし合いました。
まだ一度しかお会いしたことがないのに、私のことを
覚えてくださっていました。

初日に、この大盛況は、オヤの手仕事に興味のある女性が
多いのを感じました。
私は少しかじった程度ですが、このオヤは一つ作るのに
時間がかかり、とても繊細な手仕事です。

その苦労を知っているので、生徒さんの取り組む心までも
解るような気持ちで、一つ一つ丁寧に拝見させていただきました。
そうでないと、とても申し訳ないような気がして・・・。
どの作品も、それはそれは大変だったと思います。

ギャラリーは2階にもあり、レース針を意味するトゥーオヤ、
縫い針を使うイーネオヤ、タティングレースのシャトルを
使うメキッキオヤ、Uピンを使うフィルテケオヤ、
そして、ビーズを編み込むボンジュクオヤなど
様々な作品が展示されていました。

作品の題字などと照らし合わせながら、作者さんの思いも
汲み取りながら順に観ていきました。
写真撮影は禁止だったので、ここで作品をご紹介
できないのが残念です。

こちらの作品展は、4月3日まで ギンザギャラリーハウスにて
行われていますので、ご興味のある方は、是非、実際に足を運ばれて
その手仕事の温かさに触れてみてください。

そこで、トルコ人女性の手仕事への想いも感じることが
できるのではないでしょうか。

今日も読んでくださった皆さんと、オヤとの出合いに感謝です。
[PR]
by ray0606 | 2010-03-30 15:12 | 芸術

阿里山カフェ

~木漏れ陽の幸せ時間~ へようこそ。
今日のこの日を精一杯・・・。
一粒、一粒・・・ゆる~り、ゆるりと 幸せ拾い集めてゆきたい。

d0140533_1763721.jpg

今まで、ずっと行きたいと思っていたカフェ。
そこは「阿里山カフェ」
昨年、行こうと思っていたらお店が臨時休業で行けず
今回、やっと行くことが出来ました。

そして、ずっと知りたいと思っていたお店の名前。
何故、「阿里山カフェ」なのか・・・。
その由来は、オーナーのパートナーの故郷である
台湾の山「阿里山」からきているそうです。

阿里山は大変美しい所で、そこに住む人々は
歴史や自然を大切にし、皆助け合って暮らしていて、
そんな阿里山のような場所を作りたいという想いから
付けられたそうです。
これでやっと解りました。 何故、高麗の地に阿里山だったのか・・・。

その高麗川の流れるすぐそばに、納屋とも見える
ペンションにも見える赤い建物があります。
d0140533_179580.jpg


そこが「阿里山カフェ。」
d0140533_17121881.jpg


"OPEN" の看板が目に留まり、入り口に辿り着くまで心うきうき。~♪
d0140533_17144258.jpg


テラスでも食事が出来ます。
昨日は、とても寒かったので店内でしましたが、暖かい日に、
また来て、今度はこちらのテラスでゆっくり過ごすとしましょう。
d0140533_17245153.jpg


この日は、テラスの囲いの修繕をしているところでした。
d0140533_17254648.jpg


座席数はそれ程多くなく、店内は入ると縦に長い感じ。
カウンター上にも「阿里山」の文字が・・・。
d0140533_17262685.jpg

d0140533_17281480.jpg


OPENと同時に入ったのですが、その後、続々とお客さんが来て、
あっという間に席が埋まってしまいました。 すごい、人気店なんですねぇ。
雑誌などでも、よく取り上げられているようでした。

お料理は、極めてオーガニックで体に優しくて良いものばかり。
こちらはお店で有名な「ベジバーガー」です。
色彩々の野菜は食欲をそそります。見た目も良く、盛り付けてありました。
d0140533_1730588.jpg

こちらは「阿里山ミックスベジタブル丼」。
新鮮野菜や海藻たっぷりで、見た目はビビンバに似ていました。
でも、ご飯は雑穀米です。
d0140533_17343064.jpg

こちらは「クリーミー豆のペーストのベーグルサンド」です。
豆のカレースープとサラダ付きでした。
べーグルのもちもち感が、たまらなく好きな長女は
一人でぺろっと平らげました~!
d0140533_17373686.jpg


 長女「あっ!ごめ~ん、みんなに少しあげるの忘れてた。」ですって・・・。

そして、こちらが「全粒トルティアロール」です。
巻いてあるのは、チーズ、豆、水菜、セロリ、にんじんで
サルサソースがまたよく合います。
d0140533_17414758.jpg

娘達の頼んだドリンクは「メイプルミルク」と
d0140533_17442793.jpg

「ベビーチーノ」。何だか、名前が可愛らしい。037.gif
白く泡立ったミルクにテーブルに置かれた瞬間2人共
 娘達「きゃ~! 可愛い~、何これ~!!」
d0140533_1745232.jpg


お店で使われている食材や調味料以外にも、石鹸や洗剤
粉物や乾物類が買えるショップもあります。
昨日は、食べて気に入ったべーグルとラズベリーのジャムを買いました。
d0140533_17503813.jpg

あぁ・・・何て心も体も満たされた日曜日だったのでしょうか。
最近、ずっと仕事で忙しかった夫と、久しぶりに家族で、
日曜日に外出できました。
ここのところ、休日のたびに娘達に付き合ってもらいカフェ巡りしています。
でも、今の2人の夢は「将来、ママとカフェをやること!」。
だそうです。 
だから、お勉強のために、こんな日があっても良いよねぇ。
その夢・・・いつか叶うかな?

今日もご訪問くださった皆さんと、家族で過ごす時間に
感謝、感謝・・・。
[PR]
by ray0606 | 2010-03-29 18:43 | 小さな幸せ

ずっと行きたかったカフェ

~木漏れ陽の幸せ時間~ へようこそ。
今日のこの日を精一杯・・・。
一粒、一粒・・・ゆる~り、ゆるりと 幸せ拾い集めてゆきたい。


ずっと、行ってみたかったカフェがありました。
その名も「ありさんかふぇ」。 漢字で書くと「阿里山カフェ」です。
娘たちに話すと「アリさんカフェ~??」
と不思議そうに驚かれました。037.gif
昨年、行こうと思ったのですが、その時はお店が臨時休業で
遭えなく行けませんでした。

こちらのお店のメニューは、可能な限り良質なオーガニックの
食材と無農薬無化学肥料で育てた旬の野菜を取り入れ、
乳製品、動物性食品を使わないものも用意されているそうです。
この「可能な限り」っていうのがいいじゃな~い!
って思いました。

オーガニックとか、マクロビオティックとか雑穀とか
体に良いこと、より自然に近いことが、とても好きなので
こういうカフェは一度は、必ず行ってみたいお店です。

そして、今日は念願叶って、これから行ってきます。
ちょっと、興奮してか?朝は早めに目が覚めてしまいました。
まだまだ、この時時季なのに外は寒く、お天気も
曇り一時雨・・・らしいのですが、とにかく行ってきます。
このことは、また後日ご報告できればと思います。

いつも私のつたないブログを読んでくださっている皆さん
ありがとうございます

[PR]
by ray0606 | 2010-03-28 08:32 | ひとり言

「ちんすこう」みたいなクッキー

~木漏れ陽の幸せ時間~ へようこそ。
今日のこの日を精一杯・・・。
一粒、一粒・・・ゆる~り、ゆるりと 幸せ拾い集めてゆきたい。


d0140533_1342697.jpg


ちょうど、おやつがなくなったので、娘たちとクッキーを焼きました。
見た目はけっして良いとは言えませんが、それが味は
意外や意外、予想以上に美味しかったのです。

今回は、サラダ油を使ったのですが、食感がさくさくと
沖縄のお土産で知られる「ちんすこう」
よく似ていました。

私も娘達も「ちんすこう」が大好きで

 長女「 形は悪いけど 『ちんすこう』 みたいで
      すっごく美味しいよ。
      全然、失敗なんかじゃないよ。」


 次女「うん、そうだねぇ。また、作ろう。
     もっと、たくさん作れば良かったね。
     お祖父ちゃんとお祖母ちゃんにも食べさせて
     あげたいね~!」


失敗ではないにしても、果たしてまた同じものが
作れるかどうか・・・。(^^;
そんなわけで、急遽、即席おやつの完成です。

ちなみに、沖縄のお土産として売られている「ちんすこう」は
味の種類も色々ありまして、黒糖、紅芋、ピーナッツ、ココナッツ、
パイナップル、マンゴ、ミルク、チョコチップなどなど。
中でも私がはまったのが「塩ちんすこう」です。

甘さの中に、程よい塩加減と、塩のつぶつぶした食感と
ほろほろ、さくさくがたまらなく美味しいのです。
どうぞ、皆さんも機会があればお試しあれ・・・。

今日も読んでくださった皆さんと、娘たちとの時間に感謝・・・。
[PR]
by ray0606 | 2010-03-27 13:54

フリージアの蕾

~木漏れ陽の幸せ時間~ へようこそ。
今日のこの日を精一杯・・・。
一粒、一粒・・・ゆる~り、ゆるりと 幸せ拾い集めてゆきたい。


d0140533_10553560.jpg


先日、蕾をつけたフリージアが、少しづつ膨らみ始めています。
こんな花の小さな変化でも、春を感じることが出来るんですね。

今日は、小学校の修了式でした。
そして、私も今学期最後の、立哨当番でした。
子供達が安全に登校できるよう、旗を持って
横断歩道に立ち、見送りました。

しかし、出る寸前に長女とは、わだかまりの残ったままま
私も家を出てきてしまいました。
朝から身支度をするのに、もたもたとしている娘。
私も当番なので、子供達より先に出なければならず
その時、少々叱ってしまいました。

そして、気まずい雰囲気のまま、家を後にしたのでした。
さて、そのうちに子供達が一列に整列し、遠くの方から
歩いてくる姿が見えました。
すると横断歩道を渡る時、私の目の前を通り過ぎる寸前に、
娘はちらっと私のことを見て、胸元で小さく手を振りました。
口元は「いってきます。」と言っていました。

この時、あのもやっとした気持ちは、いっぺんに吹き飛びました。
今日は、娘のこの行動で救われた母でした。 ありがとう。~☆

今日も読んでくださった皆さんと、長女に感謝・・・。
[PR]
by ray0606 | 2010-03-26 11:09 | 家族

春はおあづけ

~木漏れ陽の幸せ時間~ へようこそ。
今日のこの日を精一杯・・・。
一粒、一粒・・・ゆる~り、ゆるりと 幸せ拾い集めてゆきたい。


せっかく、東京も桜の開花宣言をしたと思ったら、
今日は、朝からしとしと雨降り。 空気も冷たいです。
昨日の天気予報で言っていました。最高気温は、8度って・・・。
これでは、冬に逆戻りです。 なんという寒さでしょうか。

娘達も、今日はいつもより少し厚着をさせて、
学校へ登校させました。
いつまでも気温の差が激しくて、こんな調子では、
風邪もひきやすくなります。
春休み前に、そんなことになったら2人とも可哀相なので
私も用心しています。

今では、インフルエンザの流行も落ち着き、最近、
少しだけ、手洗い、うがいの習慣がゆるみ始めています。
でも、この2つの習慣は、一年中、怠けることなく、
するに超したことはありません。
帰ってきたら、またすぐに娘たちにもさせましょう。

さて、昨日は、学校で卒業式がありました。
現5年生も式に参列しました。
朝、なぜか自分のことのように緊張していた娘。

そして、今日から、6年生はもういません。
今年から登校班の班長になった娘は、これから
班をまとめていけるかどうか、少し心配です。

今日も読んでくださった皆さん、ありがとうございます。
[PR]
by ray0606 | 2010-03-25 09:39 | 季節

初めてのそろばん

~木漏れ陽の幸せ時間~ へようこそ。
今日のこの日を精一杯・・・。
一粒、一粒・・・ゆる~り、ゆるりと 幸せ拾い集めてゆきたい。

d0140533_10114334.jpg

小学3年生の次女は、算数の時間に ”そろばん” を習っています。
私も小学生の頃、そろばん塾に通っていたことがあり
暗算など出来ると、買い物の時にとても便利なことを知っています。

ところが、次女はそのそろばんが大の苦手で、
いまひとつ、珠の意味、計算の仕方がよく解らないらしく
その度に私に聞きにくるのですが、どうも上手く
教えてあげられなくて困っています。

私は、既にそろばんの珠が頭の中に入っているので
すぐに、暗算で計算も出来るのですが
まだ、次女にはそれは無理な話です。
でも、そろばんを使ってなら、何とか計算できないものか。

しかし、それを教えるとなると、私はプロではないので
なかなか難しいのです。
あの時、私はどんな風に先生に教わったのだろう
なぜ、この珠を落として、次の位に上げるのか・・・。
体で覚えているところもあるので、教えるのが難しくて・・・。

先生なら、教えるのがプロですから、もう一度先生に
聞いてくるように言ったのですが、それはどうも
恥ずかしいと言うのです。

 「先生は、何度聞いても教えてくれるよ。
  恥ずかしいことなんてちっともないよ。」


と言っても、いっこうに耳を貸しません。
なので今でも、解らないままです。
さてさてどうしたものでしょう。
この春休みに、母がそろばんの特訓でもしてみましょうか?

今日もご訪問くださった皆さん、ありがとうございました。
[PR]
by ray0606 | 2010-03-24 10:08 | 家族

桜の開花宣言

~木漏れ陽の幸せ時間~ へようこそ。
今日のこの日を精一杯・・・。
一粒、一粒・・・ゆる~り、ゆるりと 幸せ 拾い集めてゆきたい。


気象庁は22日、東京の桜が開花したと発表しました。
平年より6日早い開花となりました。
私達は寒い寒いと言いながらも、桜は季節を感じ取っているのでしょうか。

ニュースでは、四国、九州の方では満開をむかえていると
言っていました。 早いですね。 
しかし、私の住む地域では、まだ蕾の状態です。
お花見が出来るのはいつになるのでしょうか?

とは言え、我が家では先日に引き続き・・・。
d0140533_9193841.jpg

食卓で桜が満開です。
d0140533_922633.jpg

銀座「あけぼの」の桜餅。
塩漬けにした小田原産の八重桜が上品なつるこし餡の
甘さを引き立てます。

伊豆半島産の桜の葉を贅沢にも2枚使い、
桜餅を包み込んでいるので、桜葉が好きな私にとって
とても嬉しい限りです。
そうすることによって、桜の香りとしっとり感が
食べる時まで保たれています。

さらに、「あけぼの」ならではのふんわり「ふくさ包み」。
やはり、私は道明寺よりこちらのタイプが好きです。(^^)

桜の花は、まだ実際に目にしていないのですが、
開花宣言後、これから出かけるのが楽しみになりました。

今日も読んでくださった皆さんと、春の訪れに感謝、感謝・・・。
[PR]
by ray0606 | 2010-03-23 09:41 | 季節

おむすびの祈り

~木漏れ陽の幸せ時間~ へようこそ。
今日のこの日を精一杯・・・。
一粒、一粒・・・ゆる~り、ゆるりと 幸せ拾い集めてゆきたい。


d0140533_1028472.jpg


私の尊敬する人の一人、それは 佐藤初女さん。
青森県の岩木山麓にある「森のイスキア」を開き
学校や社会、家庭の中で心が傷つき、悩みを抱えている人を
初女さん、自らが心を込めて作る手料理で向かえ入れています。

昨年、その初女さんの講演会 ”食はいのち 生活のきほん” が
東京ウィメンズプラザでありました。
私が聴講するのは今回で2回目ですが、いつも初女さんのお話には
人生の中で何が大切なのか、気づきがたくさんあります。
本もたくさん書いていらして、中でも私が好きなのは
 『 いまを生きる言葉 「森のイスキア」より 』です。
その中で、初女さんはこうおっしゃっています。

 「今の世の中に足りないのは 
   あるがままの自分を 
     受け入れてくれる場所」


その受け入れてくれる場所「森のイスキア」をつくったのが
初女さんでした。

悩みを抱える多くの人たちが、初女さんのところへ訪れ
話を聞いてもらえるだけで、自らが気づき、答えを出して
いかれるそうです。

そして、初女さんが選んだ新鮮な食材、旬のもの、
土地のものを使い、心を込めてつくった食事を頂きます。
今では、なくなりつつある大きな丸いちゃぶ台を囲んで・・・。

丸いちゃぶ台は、一緒に食事をする人、皆の顔が
いつも見渡せます。自然に「和」ができてきます。
家族がちゃぶ台を囲んで一緒に食べる・・・昔はそれが
当たり前のことだったのです。

初女さんの講演会では、毎回、「おむすびの握り方」を
実演してくださいます。
この日も、炊きたて熱々のご飯で握ってくださいました。

初女さんの手には、刻まれたたくさんのしわこそありますが、
ふっくらとした優しいぬくもりのある手で、ご飯を丸く
包み込む様子をうかがっていると、きっとあのおむすびの中の、
お米の一粒、一粒にも魂が込められているのだろうと思いました。
まさに、昔懐かしいおばちゃんの手です。
そして、初女さんは握りながら、こうおっしゃっていました。

 「美味しくなぁれ」との気持ちと、米粒が呼吸できる
  力具合でいつも握っています。


そんな講演会の後日、娘達と一緒に、おむすびを握ってみました。
初女さん直伝の握り方で・・・。
以外にも、上手に作れた2人のおむすび。
自分で握ったものは、また格別の美味しさだったことでしょう。

 『 いまを生きる言葉 「森のイスキア」より 』
 
 『 おむすびの祈り 「森のイスキア」 こころの歳時記 』
 
私が今持っている2冊の本は、佐藤初女さんの ”人となり”
がとてもよくわかる本です。
今でも、時々、開いては繰り返し読み心を正しています。
そんな初女さん、いつまでもお元気で、これからも多くの
人たちの心の支えになって欲しいと思います。

今日も読んでくださった皆さんと、多くの気づきを与えて
くださっている初女さんに感謝します。
[PR]
by ray0606 | 2010-03-22 08:35 | 大切なこと・もの


何気ない日常 慎ましやかな    暮らしの覚え書き・・・。


by Ray

プロフィールを見る
画像一覧

ファン

最新の記事

ブログジャンル

画像一覧