カテゴリ:大切なこと・もの( 22 )

彼岸明けのお墓参り

今日も ~木漏れ陽の幸せ時間~ へようこそ。
どうぞ、ごゆっくりとお寛ぎください。

d0140533_22592159.jpg

お彼岸最終日の今日、お墓参りに行ってきました。
お天気も怪しかったので、少々、心配していましたが、
何とか、持ちこたえてくれました。

彼岸明けで平日ということもあってか、人もまばらで空いていました。
お墓を目指して歩いていると、向こうの方に人影が見えます。
まさか、親戚の叔父さんか叔母さんかと思ったら、
我家の一つ隣のお墓にお参りに来ているご家族の方でした。

そばまで来た時に、少し会釈をして、通り過ぎました。
しばらく、お互いに無言でお墓の掃除をしていましたが
少しして、そのご年配の女性が、どこから来たのかと
私に訪ねられ、世間話などを少々・・・。

帰り際に、その方が持っていらしたお供えものを
「持って帰るのも何なので、よろしかったらどうぞ・・・。
 きっと、ご先祖様同士も、ご近所ということで許してくださるでしょう。」

とみかんを2つとお菓子を差し出されました。
私も有り難く受け取り、その女性を見送りました。

彼岸花も、僅かに咲き頃を過ぎていました。
d0140533_2322388.jpg

お墓参りも、お彼岸の後半に行くと、わりと空いていて
しかも、今日は私1人で行ったので、ひっそりと?のんびりと
お参りが出来てそれも良かったです。

今日も読んでくださっている皆さんと、お菓子をくれたあの女性と
生きていることに感謝、感謝・・・。
[PR]
by ray0606 | 2008-09-26 23:13 | 大切なこと・もの

盲導犬サポート

今日も ~木漏れ陽の幸せ時間~ へようこそ。
どうぞ、ごゆっくりとお寛ぎください。


あるデパートで、盲導犬のPRキャンペーンをしていました。
会場にも何匹がきていて、とてもおとなしく、落ち着いていたのが
印象的でした。
d0140533_11335165.jpg

日々、目の見えない人達の目となり活躍している盲導犬たち。
一生のうちの半分以上が、その仕事で終わるそうです。

今では「パピーウォーカー」という制度があり、盲導犬の指導を
受ける前の犬を、生後まもなくの頃から1年間、一般の家庭に預け、
ボランティアで飼ってもらうというものです。

それは、人との係わりの中で、人間になつき、人間が好きな犬に
なってくれるようにするためなのだとか・・・。

でも、預かった犬との別れは必ずきます。
家族になついた犬と別れるのは、皆さん覚悟していらっしゃるので
しょうけれど、きっと辛いと思います。

そんな盲導犬の育成募金として、私達もTシャツを買いました。
大小、2枚。裾の部分には「Pleasure of Walking」 歩けることの喜び
そんな言葉がプリントしてあります。
d0140533_11343143.jpg

これが、少しでも盲導犬たちの、何かのお役に立てればと思います。

今日も読んでくださった方々と、盲導犬に感謝、感謝・・・。
[PR]
by ray0606 | 2008-09-04 11:53 | 大切なこと・もの


何気ない日常 慎ましやかな    暮らしの覚え書き・・・。


by Ray

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ファン

最新の記事

ブログジャンル

画像一覧